競艇コラム

競艇は風の影響をとても強く受ける競技!追い風や向かい風の影響を解説

競艇は風の影響をとても強く受ける競技!追い風や向かい風の影響を解説

競艇の舟券を購入する際は、事前に出走表や各種データなどを隅々までチェックしてレース展開を予想することになります。
しかし、どうしても当日に確認しなければならない重要なデータがひとつだけあります。

それは「風」で、競艇は風の吹き方によってはそれまで立てた予想を全部捨てて全く異なる買い目にせざるを得ないこともあります。
本記事では競艇のレース中に風がどのような影響を与えるのかについて解説します。

的中率が高い競艇予想サイト
競艇予想サイトグリーンベレー

11月24日に万能小隊ショットガンプランで「蒲郡3R→蒲郡4R」のコロガシ成功で投資額20,000円→684,000円の払い戻し!

グリーンベレーの公式ページはこちら

競艇は公営競技のなかでも最も風の影響が強い

競艇は公営競技のなかでも最も風の影響が強い

公営競技はすべて屋外で行われるため、競馬であっても競輪であってもオートレースであっても風の影響はそれなりに受けます。
特に競輪の場合、風に対してどのような対策を講じるかはとても重要で、前の選手の真後ろにピッタリつくことで風の影響を極限まで少なくすることができる「スリップストリーム」という戦法があるほどです。

しかし、競艇と比べればほかの公営競技が受ける風の影響というのは微々たるものでしょう。
競艇では風によってレース展開が一変することもあり、レース前には必ず確認しておかなければならない要素のひとつです。

まず、競艇というのは水上で行われる競技で、元々ほかの公営競技と比べると非常に不安定な中でレースが行われます。
もし強い風が吹けば水面に波が立ったり「うねり」が発生したりして安定性は更に失われ、そのままだとレースが出来ない場合もあります。
ほかの公営競技では滅多に見られないのですが、風の影響だけでレースを中止してしまうときもあるほどです。

もちろん向かい風や追い風は走行中のボートにも大きな影響を与えることになります。
競艇場によって吹きやすい風の方向などがあるので、そういった情報をあらかじめ頭に叩き込んでおくことも舟券を的中させるためには非常に重要となります。

特にスタート時の風の影響はレース結果を大きく左右する

特にスタート時の風の影響はレース結果を大きく左右する

どんなスポーツでもスタートが大事ですが、競艇ではスタートをいかに上手く決めるかによってそのままレースが決まってしまうといっても言い過ぎではありません。
事実競艇の決まり手で圧倒的に多いのは「逃げ」であり、スタートをしっかり決めた1号艇を捉えることはいかにトップクラスの選手といえど難しいです。

競艇では1コースからスタートすることになる1号艇がもっとも有利ですが、スタートで出遅れてしまうと1号艇のアドバンテージはすべて失われ、上手くスタートしたほかの艇に簡単に抜かれてしまいます。

タイミングはもちろん大事ですが、それと同じくらいスタートの時にどのような風が吹いているかも重要で、スタート時の風向きによって有利不利が大きく変わります。

スタートが追い風だった場合の影響

スタートが追い風だった場合の影響

まずは追い風の時の影響から考えてみましょう。
追い風というのはボートの進行方向と同じ向きに風が吹いているわけですから、元々のモーターの出力に風の力もプラスされるので、すべての艇がスタート時にスピードを出しやすくなります。

しかし追い風の場合はインコースの艇のほうが受けるメリットは大きいです。
インコースの艇というのはスタートの際、最初のコーナーまでの距離が短い状況でスタートするのでトップスピードに達するような十分な助走距離はありません。

しかし追い風があると風の分スピードが加算されるのでトップスピードに達する時間も短くなり、第1ターンマークにもより早く到達できます。
1号艇がほかの艇よりも先んじて第1ターンマークに到達できればそのレースは勝ったも同然です。

いっぽうアウトコースの艇の場合、十分な助走距離があるので追い風の力があっても最高速に到達するまでの時間はそれほど変わりありません。
したがって、追い風のメリットはそこまで享受できないのです。

的中率が高い競艇予想サイト
競艇予想サイトグリーンベレー

11月24日に万能小隊ショットガンプランで「蒲郡3R→蒲郡4R」のコロガシ成功で投資額20,000円→684,000円の払い戻し!

グリーンベレーの公式ページはこちら

スタートが向かい風だった場合の影響

スタートが向かい風だった場合の影響

では向かい風の場合はどうなるでしょうか。
この場合は先ほどとは真逆でアウトコース、つまり4番5番6番の艇が有利となります。

理由は簡単で、タダでさえ助走距離が短くてなかなかトップスピードに到達できないインコースの艇が向かい風を受けてしまうと、トップスピードに達するまでの時間がさらに長くなります。
アウトコースの艇もある程度向かい風の影響は受けるものの、モーターの推進力があるのでそこまで大きな影響はありません。

なかなかスピードが出ないインコースの艇と風の影響をあまり受けずにトップスピードに達するアウトコースの艇との差はみるみる縮まり、第1ターンマークで豪快に捲られてしまう、というレースになりやすいです。

風速5mを超えるレースは初心者にはおすすめできない

風速5mを超えるレースは初心者にはおすすめできない

競艇の出走表には必ず当日の風向きと風速が記載されていますが、もし風速が5m以上だった場合、追い風向かい風関係なく競艇をはじめたばかりの人は舟券を買わないほうがよいです。
5m以上の風が水面に与える影響は非常に大きく、水面は常に波が立っていたりうねりが発生しているといった状況となります。

このような水面状況だとたとえ百戦錬磨の競艇選手でも本来の力を出し切ることはできません。
スピードに乗せてターンを回った際に突然波やうねりが発生すると転覆してしまう恐れがあります。

転覆するとその時点で失格ですし、何より場合によっては大怪我をしてしまったりと最悪の場合に命を落としてしまうため、どうしても慎重にならざるを得ません。
選手が自分の力を全力で発揮できないようなレースでは、事前の予想などまったく意味をなさないでしょう。

風の強い日は時に見たこともないような高額配当になることもありますが、ギャンブル要素が強すぎるので、競艇初心者は参加しないのが賢明です。

5mを超えると「安定板」を装着する場合も

風速が5mを超えている場合、安全面を考慮して「安定板」という器具を装着してレースをすることがあります。
安定板を装着するとスピードが出なくなってインコースの艇が有利になるのですが、それはまともに走行できればの話です。

実際は風速5mを超えると先ほど解説したようにまともにレースができるかどうかすら怪しくなってしまうというのが現状なので、文字通りギャンブル要素が非常に高いレースとなるでしょう。

風の影響が考えられる場合の買い目の選定方法

風の影響が考えられる場合の買い目の選定方法

風速が5mを超えるレースの舟券を購入するのはおすすめできませんが、それ以下の風速であれば風の影響を考慮した舟券の買い方をすると的中率を高めることが可能です。
ある程度風の影響があると考えられる(風速3m程度)場合、舟券はどのような買い方をすれば良いのでしょうか、

スタートが上手い選手がインコースなら間違いなく買い

競艇はインコースが有利な競技なので、追い風になっているときはさらにそのアドバンテージが高くなるので、的中を重視したいのであれば追い風の時に舟券を購入するのはとてもおすすめです。
競艇の出走表にはいろいろなデータが記載されていますが、重要なデータのひとつに「スタートタイム」があります。

インコース、特に1コースの選手のスタートタイムが他の選手と比べて早い場合は、スタートが上手い選手だと判断できます。
圧倒的有利な1コースからのスタートなうえにインコース有利な向かい風、さらに他の選手よりもスタートタイムが早いのであれば、1号艇が1着になるのは確約されたようなものです。
相手選手の選択さえ間違わなければ舟券を的中させる可能性は非常に高いといえるでしょう。

向かい風の時はスタートが上手いアウトコースの選手を狙ってみよう

では向かい風になっている場合はどのように舟券を購入すれば良いでしょうか。
向かい風の場合はアウトコースの艇が有利だと解説しました。

もちろんインコースが有利だという事には変わりないのですが、追い風の時よりもアウトコースの選手のデータをしっかりチェックするようにしましょう。
特に「カド」と呼ばれている4号艇の選手のスタートタイムがインコースの選手よりも早い場合、上手くスタートを決めれば内側の選手をまくって先頭に立つ可能性が高いです。

もしアウトコースの他の選手もスタートタイムがインコースの選手と同等または早い場合、アウトコース3艇で決着することもあり、そうなるとオッズはかなり高くなります。

かなり強い向かい風でアウトコースの選手のスタートタイムがインコースの選手よりも早い場合、4号艇から6号艇までの組み合わせで舟券を買ってみるのも良い選択です。

高性能モーターを積んでいる選手や整備が得意な選手を要チェック

「追い風の日はインコース有利」「向かい風の日はアウトコース有利」このふたつは競艇ファンであれば半ば常識で、影響が出ると考えられる風速3mを超えている日はこれらを考慮して舟券を購入することになるでしょう。

しかしボートの性能に最も大きく影響するのは「モーター」です。
モーターと比べれば風速3mの風の影響などは微々たるものであり、他の選手よりも飛び抜けて高性能のモーターを積んでいたり、モーターを整備する能力が高い選手が整備したモーターなどはそのような影響を軽く吹き飛ばします。

皆が風の影響を考慮した予想をするなかで1人しっかりとモーターの性能や選手の技術力に着目した買い方を実践し、見事成功すれば堅いレースでも思わぬ高配当を狙えるでしょう。

風が強い日は上手く当てれば一獲千金が狙える

風が強い日は上手く当てれば一獲千金が狙える

風が強い日は、とにかく当てることを最優先にしているのであれば舟券を買うべきではありません。
しかし一獲千金を狙っているのであれば話は別です。

何しろ強風の日はA1級選手ですらまともなレースができないためインコース有利というセオリーはほぼ無いも同然で、普通のレースだと考えられないようなレース結果になることも多々あります。
上手く的中させれば競艇では滅多に出ない万舟券的中も夢ではありません。

まとめ

競艇は水上でおこなわれる競技ということもあって、4つの公営競技のなかでは風の影響を最も強く受けます。
風速1〜2m程度では特に影響ありませんが、風速3mを超えると徐々に影響が出てきます。基本的に追い風ではインコースの艇が有利になり、向かい風ではアウトコースの艇が通常よりも有利となります。

手堅く舟券を当てたいのであれば、「風速3m以上の追い風でほかの選手よりもスタートタイムが早い選手が1号艇でスタートする」レースを購入するのが最も確実です。

一方向かい風の場合は逆にアウトコースの選手がインコースの選手よりもスタートタイムが早いレースの舟券を購入するのがおすすめで、特に4コースの選手がもっともスタートタイムが早い場合、アウトコース3艇の決着となる可能性もあるため、高額配当のチャンスです。

風速5mを超えるとまともにレースができないので予想が非常に困難となるため、競艇初心者にはおすすめしませんが、穴狙いの人にとっては一獲千金のチャンスとなります。

的中率が高い競艇予想サイト

今なら1万円分のポイントがもらえるキャンペーン実施中!無料登録して損なし!!

グリーンベレーの公式ページはこちら

-競艇コラム

© 2022 競艇大全