競艇選手

【競艇】篠崎元志のプロフィールまとめ!年収や過去成績・得意なコースは?

若くしてボートレース界の第一線で活躍し続ける選手がいます。

その中でもボートレーサー界No.1のイケメンレーサーと噂される篠崎元志選手について紹介します。

写真をみて第一印象からカッコいい!と思わせてくれる方ですね。

篠崎選手はボートレーサーとしては珍しく女性ファンも多く、トークショーなどでは沢山の女性ファンを確認することができます。

的中率が高い競艇予想サイト
競艇予想サイトグリーンベレー

11月24日に万能小隊ショットガンプランで「蒲郡3R→蒲郡4R」のコロガシ成功で投資額20,000円→684,000円の払い戻し!

グリーンベレーの公式ページはこちら

篠崎元志のプロフィール

篠崎元志(しのざきもとし)基本情報
出身地 福岡県福岡市
生年月日 1986年2月28日(34歳)
身長 169cm
体重 53kg
血液型 A型
登録番号 4350
登録期 96期
級別 A1級
師匠 白水勝也
デビュー日 2005年5月7日

ボートレーサー界No.1イケメンと言っても過言ではない篠崎元志選手ですが、そのプロフィールを見ていきましょう。

篠崎選手は福岡県にある香椎工業高校を卒業後、ボートレーサー養成所の96期として入所しています。96期といえば同期にA1級として活躍する新田雄志選手や、平本真之選手、魚谷香織選手らが在籍し、黄金世代とも言えます。

篠崎選手は『我勝手隊』というペラグループに所属されています。

(ペラグループとは、プロペラの研究や開発のために、複数の選手が共同のペラ工房をもって、互いに情報共有を行うグループのこと)

こちらの『我勝手隊』は福岡市東区出身の選手を中心に構成されており、篠崎選手の出身も福岡市東区となっています。

交友関係としては、同じ福岡支部で活躍されている岡崎恭裕選手と関裕也選手と仲がいいようです。また同期の平本真之選手とも仲がいいようです。

そして何といっても忘れてはいけないのが弟である篠崎仁志(しのざきひとし)選手、同じく福岡支部に所属しておりA1級として兄である元志選手とともに、第一線で活躍しています。仁志選手も兄の元志選手同様、福岡支部の先輩である白水選手に弟子入りしています。

篠崎元志の特徴や得意なコース

篠崎選手は極端な前付けなどは行わずどのコースからでもコンスタントに勝つことができる選手です。

ボートの操縦技術としてスピードや旋回力は超一流であり、整備についてもペラグループに所属していることもありかなりの腕前の持ち主です。

また平均スタートタイミングは0,14と一流レーサーの中でも早い部類です。そのためグレードレースなどでフライングなどのスタート事故もあります。

しかし、それだけスタートにかける思いが強いということですね。

特に、1コースからの平均スタートタイミングは0,12とかなり早いです。

1コースに篠崎選手が入った際は頭で買って間違いないと思います。

スタート力に合わせて、抜群の旋回技術に定評があるので3,4コースからの豪快な捲りも見ることができます。

篠崎元志の過去成績・優勝歴

篠崎選手のボートレーサーとしての始まりですが、2005年5月に若松競艇場でデビューを果たすと、同年8月に若松競艇場で行われた一般戦で初勝利を収めます。

2007年に若松競艇場で行われた『スポーツニッポン杯争奪 GW特選』にて初優勝を果たします。デビューから初優勝するまでの篠崎選手のレーススタイルはダッシュ戦が基本で、この優勝戦でも3号艇ながらも5コース進入で走っています。

2008年には丸亀競艇場で行われた『共同通信杯 第22回新鋭王座決定戦』でG1初出走を果たし2日目にはG1初勝利も果たします。2008年後期にはA1級に昇格し、9月に福岡競艇場で行われたG1チャンピオンズカップに出走し準優勝戦まで進出します。(結果は6着)

デビューから3年近くでA1級に昇格し、G1戦線でもすぐに活躍してしまうあたり、さすがの腕前ですね。

篠崎選手の念願のG1初優勝は、2011年びわこ競艇場で行われた第59周年競争で2コースから差しを決めて優勝します。2011年はSGも3回優出しており、獲得賞金も8000万円近くあり初の賞金王決定戦にも出場します。

2012年には平和島競艇場で行われた第58周年競争で2回目のG1優勝を果たし、12月に住之江競艇場で行われた賞金王シリーズ戦に出場、予選トップ通過を果たしそのまま優勝。これが篠崎選手のSG初優勝となります。

しかし2013年9月に丸亀競艇場で行われたSGモーターボート記念競走の優勝戦でフライングをしてしまい、1年間のSG出場停止を受けてしまいます。

2015年に蒲郡競艇場で行われたSG第61回モーターボート記念競争によって2度目のSG優勝を果たします。

2018年には怪我で5か月間レースに出場できなかったのですが、復帰戦となる蒲郡競艇場で行われたSGボートレースダービーで見事優出を果たし準優勝という結果でした。

怪我の影響で期別の規定出走回数を満たすことが出来すに2019年前半はB2級での出走となりました。

B2級となったことで一般戦に出場していたのですがここでは格の違いを見せつけ勝ち星を量産、4月には徳山競艇場で通算1000勝を達成します。

2018年11月から2019年4月末までに83勝をマークし、それまでの記録を更新します。

現在は再びA1級に復帰し、SG戦線で第一線として活躍しています。

篠崎選手のこれまでの優勝歴ですがSG2回、G1を7回、G2を1回、G3を10回、一般戦を24回と合計で44回の優勝歴を誇ります。

34歳の若さでこれだけの実績がある選手はなかなか居ないのでこの実績だけでも篠崎選手の技量の高さを知ることができます。

的中率が高い競艇予想サイト
競艇予想サイトグリーンベレー

11月24日に万能小隊ショットガンプランで「蒲郡3R→蒲郡4R」のコロガシ成功で投資額20,000円→684,000円の払い戻し!

グリーンベレーの公式ページはこちら

篠崎元志の年収は?

篠崎選手の2019年の獲得賞金は6697万円でランキングとしては第20位でした。

平均的なA1選手の年収が3000万円前後なのでその2倍近くは稼いでいますね。

2018年は怪我の影響で5か月ほど休んでいたにも関わらず、獲得賞金が4100万円であり全体でも53位でした。

初のSGタイトルを獲得した2015年には獲得賞金が1億円を超えています。

2020年5月現在で既に2000万円ほど獲得しており、今後もG1やSGでの出走が多いのでさらなる賞金の上澄みが期待できます。全体で35位に位置していて、もう少し賞金を伸ばすことができれば賞金王も射程圏内に入るのではないかと思います。

毎年、コンスタントに賞金王ランキングに絡んでくる選手ですので今後の活躍にも期待できそうですね。

篠崎元志はSNSはやってる?

続いて篠崎元志選手のSNSについてです。

篠崎元志のTwitter(ツイッター)は?

こちらが篠崎選手本人のTwitterアカウントになります。

様々な選手と交流する様子を定期的にアップしてくれているのでファンの方は必見です。

よく仲のいい選手たちと休みの日にお酒を嗜む姿を見ることができることから、お酒好きな一面も垣間見えます。

篠崎元志のInstagram(インスタグラム)は?

篠崎選手ご本人のインスタグラムアカウントはありませんでした。

篠崎元志のYouTube(ユーチューブ)は?

最近YouTube活動を行うボートレーサーが増えてきましたが、篠崎選手のチャンネルはありませんでした。

今後開設されるかもしれないので注目が必要ですね。

ボートの時間という番組の中で篠崎選手の紹介も行われています。

篠崎元志のプロフィール|まとめ

いかがだったでしょうか?

若くして輝かしい実績を持ったイケメンボートレーサー・篠崎元志選手を紹介しました。

篠崎選手の所属する福岡支部には他にもA1級として活躍されている瓜生正義選手や石川真二選手がいますが、今や篠崎選手が福岡支部のエースと言っても過言ではないでしょう。

現在34歳とまだまだ若い選手ですので今後賞金王を獲得することに期待してレースを見ていきたいですね。また弟の篠崎仁志選手の活躍も一緒に応援していきたいですね。

篠崎元志選手の次のSG出走予定は、2020年6月に宮島競艇場で行われるSG第30回グランドチャンピオン競争となっています。

【競艇】篠崎仁志のプロフィールまとめ!年収や過去成績・得意なコースは?

「現役の兄弟レーサーは?」と質問された際に、最も浮かんでくる確率が高いであろう兄弟がいます。 「篠崎元志・仁志」の二人です。仲の良いことでも有名な兄弟レーサーで実力も二人とも兼ね備えています。 今回は ...

続きを見る

的中率が高い競艇予想サイト

今なら1万円分のポイントがもらえるキャンペーン実施中!無料登録して損なし!!

グリーンベレーの公式ページはこちら

-競艇選手
-

© 2022 競艇大全