競艇必勝法

競艇のプロの買い方を徹底解説!安定性を高める堅いレースの見抜き方は?

競艇のプロの買い方を徹底解説!安定性を高める堅いレースの見抜き方は?

ギャンブルで「プロ」と呼ばれている人たちのなかで、最も有名なのは「パチプロ」でしょう。
しかしながら、日本には今のところギャンブルの世界において公式に認められた「プロ」は存在しません。

そのため、パチプロと呼ばれている人たちはあくまでも自称か、周りの人たちが勝手にそう呼んでいるかのどちらかです。
では、競艇で舟券を購入している人たちの中で「プロ」と呼ばれている人は存在するのでしょうか。
そして、そういった人たちはどのような舟券の買い方をしているのでしょうか。

的中率が高い競艇予想サイト
競艇予想サイトNOVA

6月28日にNOVAスペシャルで「三国11R→桐生1R」のコロガシ成功で1,475,810円の払い戻し!
今なら1万円分のポイントがもらえるキャンペーン実施中!無料登録して損なし!!

競艇Novaの公式ページはこちら

競艇のプロはどのような人たち?

競艇のプロはどのような人たち?

パチプロが公式に存在しないのと同じように、競艇もギャンブルの世界なので公式に認められている「競艇のプロ」は存在しません。
しかしながら、YouTubeで「競艇に関する動画」を配信して一定の収益を上げている人たちのなかには、一般的な仕事をせず、競艇の舟券による収支のみで生計を立てている人もごく少数ながら存在します。

競艇のプロとは、簡単に言えば競艇の舟券だけで生計を立てられるようなレベルで的中を連発させられる人たちと考えてもらえればよいでしょう。
競艇の舟券を買っている人たちは恐らくほぼ全員が「儲けたい」「勝ちたい」と思っているでしょうから、そういった人たちにとって競艇のプロと呼ばれる人たちは憧れの存在でしょうし、どうやって舟券を買って生活できるほど儲けているのかを知りたいのではないでしょうか。

競艇のプロたちが実際に実践している舟券の買い方をうまく取り入れることができれば、今よりも的中率や回収率がアップすることは間違いありません。

競艇のプロが求めるのは「一獲千金」よりも「安定性」

競艇のプロが求めるのは「一獲千金」よりも「安定性」

「競艇のプロの舟券の買い方」と聞かれて、一般的な人が思い浮かぶのは、「誰も知りえない情報をどこかから入手して、誰も買わないような大穴舟券を買い、的中させる」といった買い方ではないでしょうか。
しかし現実はそう甘くはなく、そのような漫画やアニメのような買い方をしていては、恐らく競艇の舟券だけで生計は成り立たないでしょう。

競艇関連のYouTuberのなかには、大穴狙いで舟券を買うという「企画」を立て撮影し、公開する人も居ますが、あくまでもパフォーマンスであり、恐らく普段からこのような買い方はしていないでしょう。
競艇のプロが常に求めているのは、「一獲千金」ではなく「安定した収入」です。

安定した収入を維持し続けていれば、自然とお金は増えていきますし、お金が増えていけば1回のレースに投じる資金が増えるので、だんだんと1回のレースあたりの収入は増えていきます。

さまざまなデータを分析して堅いレースを探している

さまざまなデータを分析して堅いレースを探している

競艇のプロと呼ばれている人たちの配信動画を見ると、いつも派手な買い方をしていると勘違いしてしまいますが、実際には陰で私たちとは比べものにならないほど努力をし、確実に利益を確保しています。
競艇のプロがレース前にやっていることというのは、恐らく私たちとそれほど変わりありません。

さまざまなデータを分析してその日に開催されるレースをチェックし、その中でも特に予想通りの展開になる可能性が高い「堅いレース」を探しています。
競艇は情報戦です。
競艇のプロがことごとくレースを的中させられるのは超能力でもなんでもなく、時間をかけてじっくりとデータを収集し、分析しているからなのです。

私たちから見ると、競艇のプロは舟券を買うだけで後は自由な時間がたくさんあって羨ましい、と思ってしまいますが、私たちが仕事をしている時間と同じくらいの時間を競艇のプロはデータ分析や情報収集に費やしています。

的中率が高い競艇予想サイト
競艇予想サイトNOVA

6月28日にNOVAスペシャルで「三国11R→桐生1R」のコロガシ成功で1,475,810円の払い戻し!
今なら1万円分のポイントがもらえるキャンペーン実施中!無料登録して損なし!!

競艇Novaの公式ページはこちら

競艇のプロが実践している3連単の買い方

競艇のプロが実践している3連単の買い方

競艇のプロは、時間をかけて情報やデータを収集し、確実に的中させられる自信があるレースを見つけ、狙い撃ちしていることはこれまでの説明で分かってもらえたのではないでしょうか。
ここからは狙い目のレースを見つけた競艇のプロが一体どのような舟券の買い方をしているのかを見ていきましょう。

10点までが基本

競艇のプロのほとんどが「1回のレースで購入する買い目は10点まで」というルールを守って舟券を購入しています。
競艇のプロが購入する舟券の種類は基本的に「3連単」です。

3連単は競艇の舟券のなかで最も平均配当が高く、その金額はだいたい「7,000円」ほどといわれています。
これを見て平均配当が70倍だったら、単純計算で70点買ってもマイナスにはならないのでは?と思ってしまう人も居るかもしれませんが、実は平均配当と実際によく出る配当というのは大きな開きがあります。

平均配当というのは、3連単のすべての配当金額を平均したもので、競艇のレースでは時に配当金が数万円、場合によっては数十万円になることもあります。
数十万円の配当は滅多に出ませんが、数万円程度の配当であれば毎日どこかの競艇場で出ているので、この高額配当によって、3連単の平均配当は7,000円という金額になっているというわけです。

しかし、競艇のプロがターゲットにするのは、このような高額配当が出るようなレースではありません。
それとは真逆の、実力ある選手が実力通りの走りをするレースがターゲットです。

そういったレースの場合、実力ある選手に舟券が集中するので必然的にオッズが下がります。
本命決着のレースの場合、配当金はせいぜい1,000円から2,000円の間でしょう。
もっと堅いレースだと10倍を切ることもあります。

そんなレースで20点も30点も舟券を購入してしまうと、当たったとしても配当金が舟券代を下回り、マイナス収支となってしまいます。
競艇のプロが買い目を10点までに抑えているのは、的中した時に必ずプラス収支にするための配慮なのです。
もちろん点数を減らせば減らすほど、的中した時の利益が大きくなるというメリットもあります。

本命が2名いる場合は1着と3着に設定

いかに当てやすいレースを狙っていると言えども、そのときそのときで色々な買い方をするのが競艇のプロです。
抜けて強い選手が1名だけのときは、その選手を軸にして対抗になりそうな選手を探してどの着順になっても当たるような買い方をします。
では、本命となりそうな選手が2名の時はどのような買い方をしているのでしょう。

本命が2名のときは、第1ターンマークで激しい1着争いが繰り広げられます。
勝ったほうは1着となりますが、勝負に負けた選手は若干不利な位置を走行しなければならなくなります。
その場合、その隙をついて「本命選手以外の選手」が2番手に上がってくる可能性が高いです。

したがって、本命選手が2名の場合、競艇のプロは「本命2選手ー本命以外の4選手ー本命2選手」といった買い方をすることが多いです。
この買い方だと全部で8点なので、10点以内に収まりますし、1着か3着に本命選手が入ってくれれば2着はどの選手でも的中するので的中率がかなり高くなります。

穴狙いの時は1番人気を除外する

競艇のプロは「当てやすいレース」を見つけるのがとても上手いです。
それは言い換えれば「穴決着になりそうなレースを見つけるのも上手い」ということになります。
そして滅多に勝負はしませんが、資金に比較的余裕があったり、極秘情報を入手して「堅いレース」と同じくらい予想に自信がある場合は穴決着となるレースに参加することもあります。

穴決着とにらんだレースに関しては、念のために1番人気を買っておく、という買い方はしません。
穴狙いと決めたときは徹底的に高配当の舟券のみを購入し、勝負します。
競艇のプロが穴決着のレースに手を出すのは自信があるときだけなので、たとえ穴決着だったとしても、しっかりと的中させます。

オッズの歪みは逃さずチェック

オッズの歪みは逃さずチェック

競艇のプロが絶対に逃さない「美味しいレース」があります。
それはオッズの歪みが発生しているレースです。

競艇は、1号艇がもっとも有利であるという特徴が知れ渡っていて、基本的に1号艇の選手に人気が集中しやすいです。
ところが、時にはそのセオリー通りにならないこともあります。

例えば、実力以上に人気がある選手が地元の競艇場に出走したとしましょう。
すると、地元のファンは勝ち負けに関係なく、「応援する」という意味でその選手の舟券を購入します。

すると、本来ならばそのレースでは圧倒的な実力者で、単勝2倍以下になるような選手なのに、3倍近くのオッズになったりすることがあります。
これが「オッズの歪み」です。

オッズの歪みが発生しているレースでは、鉄板決着となるようなレースでも思わぬ高配当になることがあり、競艇のプロにとっては願ってもないチャンスとなります。
また、G1レースやSGレースも「オッズの歪み」が発生しやすいレースです。

特にSGレースの場合、普段競艇の舟券を買わない人が多数参加し、人気があったり、「1号艇だから」という理由だけで何も考えずに舟券を購入する人が普段より多くなります。
ところがトップレーサーばかりが集うG1レースやSGレースは、そう簡単にセオリー通りの決着にはなりません。

しかし競艇のプロはトップレーサーに関しては熟知しているため、有利不利を即座に見抜き、的確にレースを予想することができるので、プロにとっては予想が簡単なレースでも思わぬ高配当となるケースが多々あります。

堅いレースに大量投資して資金を回収する

堅いレースに大量投資して資金を回収する

競艇のレースは一日に10レース以上開催されますが、競艇のプロは手当たり次第に舟券を買ったりしません。
その日に勝負できそうなレースのなかでも特に「堅いレース」だけの舟券を買います。

しかしその購入する額は一般の人の比ではありません。
鉄板レースに大量投資して低いオッズでも一気に大金を回収する、これが競艇のプロの稼ぎ方です。

天候が荒れたら勝負はしない

天候が荒れたら勝負はしない

競艇は天候にとても左右されやすい競技です。
とはいっても、水上なので雨が降ってもそれほど影響はありません。

競艇にとって多大な影響となる自然現象は「風」で、向かい風が吹くとスタートダッシュが鈍くなったり、逆に追い風ならばスタートダッシュが伸びてインコースの艇が有利になるでしょう。
また、横からの風が強いとターンが流れてしまい、思わぬ波乱が巻き起こることもありますし、そもそも強風が吹けば水面が波打つのでボートの操作自体が難しくなります。

荒天のレースは荒れやすいといわれていて、穴党の人にとっては願ってもないチャンスですが、競艇のプロにとって荒天はあまり望ましいものではありません。
堅いレースだと判断し、勝負しようとしているレースの時に強風が吹いていた場合、勝負を諦めることが多いです。

コロガシでは2連単を買うこともある

コロガシでは2連単を買うこともある

競艇では3連単でも10倍くらいの配当となる事が多く、いかに大金を投じても1回のレースのみではそこまで大きな収益にはなりません。
そこで競艇のプロは最初のレースで得た配当金を次のレースに全額投資し、一獲千金を狙う「コロガシ」をすることが多いです。

しかしコロガシは負けるとせっかく得た配当金をすべて失うため、競艇のプロはより慎重に勝負します。
基本的にコロガシでも3連単を購入するのですが、場合によってはより的中しやすい2連単で勝負することもあります。

まとめ

公式に公認されている競艇のプロは存在しませんが、ごく少数ですが舟券の収益だけで生計を立てている人も存在していて、そういった人たちを世間一般では「競艇のプロ」と呼んでいます。

YouTubeの配信などを見ていると、大穴に巨額投資するなど派手な舟券の買い方をしていますが、それらはパフォーマンスの一貫であり、実際は時間をかけて情報収集をし、堅いと判断したレースの舟券のみ購入しています。

しかし、1回のレースに投じる資金が巨額であるため、3連単10倍程度の配当であってもトータルではかなりの収益になっています。
また、荒れるレースでも予想に自信があり、なおかつ資金面で余裕があれば勝負をすることもありますし、「オッズの歪み」が発生しているレースは逃さず勝負にいきます。

競艇のプロは派手な舟券の買い方をして豪快にお金を稼ぐように世間では思われていますが、実際には堅実にコツコツと資金を蓄えるような舟券の買い方をしているのです。

「3連単は10点までにしておく」「2名の本命選手が居る場合は本命選手を1着と3着にして軸にする」といった買い方は、競艇のプロが長年研究した末にたどり着いた「勝てる買い方」のひとつといえるでしょう。

競艇のプロの舟券の買い方は私たちでも実践可能ですし、取り入れることで着実に回収率や的中率をアップさせることができるので、勝ちたいと考えている人は競艇のプロの買い方を取り入れてみてはどうでしょうか。

的中率が高い競艇予想サイト

競艇予想サイトnova今なら1万円分のポイントがもらえるキャンペーン実施中!無料登録して損なし!!

競艇Novaの公式ページはこちら

-競艇必勝法

© 2022 競艇大全