競艇選手

女子ボートレーサー西村美智子選手を紹介!旦那・優勝歴・手話について

女子ボートレーサー西村美智子選手を紹介!旦那・優勝歴・手話について

競艇は男性だらけの世界だと思っている人も多いですが、実はそうではありません。
2010年ごろから女性選手の育成にも力を入れており、今では女子選手限定の「レディースレース」も開催されているほど多くの女性選手が在籍しています。
本記事では現役で活躍している女性選手のひとり、西村美智子選手について経歴などを詳しく紹介していきます。

的中率が高い競艇予想サイト
競艇予想サイトグリーンベレー

11月24日に万能小隊ショットガンプランで「蒲郡3R→蒲郡4R」のコロガシ成功で投資額20,000円→684,000円の払い戻し!

グリーンベレーの公式ページはこちら

西村美智子選手の基本情報

西村美智子(引用元:https://www.boatrace.jp/owpc/pc/data/racersearch/profile?toban=4313)

西村選手の所属支部など基本情報を表にまとめました。

西村美智子(にしむらみちこ)基本情報
名前 西村美智子
生年月日 1984年4月12日
所属支部 香川支部
級別 A1級

西村美智子選手直近の成績は?

西村美智子選手(引用元:https://www.youtube.com/watch?v=IuRV5ozzNj8)

西村選手の直近の成績を見てみると、2022年9月23日時点で勝率は5.71となっています。
その前の期が6.59と過去最高の成績でそれと比べれば勝率は低くなってはいますが、それでもかなり高い勝率を維持していることは間違いありません。
女性選手のなかでもかなりの実力者であることは確かです。

競艇選手になるまでの経歴

学生時代ハンドボール部に所属していた西村美智子さん(引用元:https://www.youtube.com/watch?v=Sz4QK9Gq47w)

西村選手は香川支部所属の選手であり、生まれた場所も香川県です。
高校は香川県立高松商業高等学校に通っていて、そこではハンドボール部に所属、選手として活躍していました。
といってもただ所属していたというわけではありません。

競艇選手というのは狭き門であるからか、元々別のスポーツで他の人より秀でた成績を残している人が何故か多いです。
西村選手もその例に漏れず、ハンドボールをやっていた時代は県代表で国体に出場した経験があり、香川県内ではトップクラスの実力でした。

そして、ちょうどその頃、競艇漫画としては随一の知名度を誇る「モンキーターン」という漫画が連載され大ヒットします。
実は西村選手が競艇を知り、のめり込むきっかけとなったのがこの「モンキーターン」でした。

そして香川県にはちょうど「丸亀競艇場」があり、実際に競艇を見るチャンスが身近にあったというのも非常に大きかったでしょう。
香川県では当時競艇のテレビ番組を放送していて、たまたま見たレースで地元香川県の女性レーサーである「山川美由紀選手」がトップを走っているのを見た瞬間、西村選手は「将来競艇選手を目指そう」と心に決めたようです。

そして、西村選手は競艇選手になるべく競艇学校の試験を受けたのですが、その時は不合格となってしまいます。
不合格となったことでいったん競艇選手になる事をあきらめ、教員免許を取得すべく神戸大学を受験、見事合格して大学生活を過ごすことになります。

しかし競艇選手になりたいという気持ちを完全に捨て去ることができず、再度受験すると今度は見事に合格、神戸大学は休学し、競艇選手の養成学校である「やまと学校」に入学することとなります。

西村選手は96期での入学でしたが、96期には現役最強選手である峰竜太選手、岡村仁選手、山田哲也選手といった現在トップクラスの成績を残している選手が多数いたのですが、そんな中で西村選手は最終的に「リーグ戦勝率6.91優出4回優勝1回」という素晴らしい成績を残して卒業、晴れて競艇選手としてデビューすることになりました。

的中率が高い競艇予想サイト
競艇予想サイトグリーンベレー

11月24日に万能小隊ショットガンプランで「蒲郡3R→蒲郡4R」のコロガシ成功で投資額20,000円→684,000円の払い戻し!

グリーンベレーの公式ページはこちら

デビューからわずか3か月で初勝利

西村美智子選手(引用元:https://www.youtube.com/watch?v=uQf_LpaVQG0)

西村選手は2004年11月、地元丸亀競艇場で開催された「まるがめ一般戦」でデビューします。
競艇の新人選手は接触事故などを避けるという理由で、どのコースからのスタートであっても6コースを通らなければならないという暗黙のルールがあります。
したがって最初から不利な条件でレースに挑まねばならず、デビュー戦は5着と本来の力をだしきれないまま終わってしまいました。

ところが西村選手はデビューからわずか3か月後の2005年1月13日、若松競艇場での第3レースで初勝利を挙げます。
デビューから初勝利まではたいてい半年はかかるので、西村選手の初勝利は異例の早さだといえるでしょう。

翌2006年には初優出を決めるなど、着実に実績を積み上げていきます。
デビュー当初は若さもあってフライングが比較的多かったのですが、努力を重ねてその弱点を見事克服、今では逆にスタートダッシュを得意としており、平均スタートタイムは女性選手の中でもかなり早いほうです。

あの憧れの選手から大金星

濱野谷憲吾選手(引用元:https://www.youtube.com/watch?v=oSIFDjIKUs0)

2007年5月、尼崎競艇場の一般戦に出走した西村選手、このレースには憧れの大先輩の一人も出走していました。
その憧れの選手とは濱野谷憲吾選手、濱野谷選手はあのモンキーターンの主人公のモチーフとなった選手として競艇ファンには有名であり、現在もSGレースの常連として活躍する最上位クラスの選手です。

西村選手からすると完全に「濱野谷選手の胸を借りる」というつもりでレースに臨んだことでしょう。
しかしその気持ちがあって逆にリラックスしてレースに臨むことができたのか、なんと濱野谷選手に先行し、さらには1着でゴールインするという大金星を挙げてしまいます。
これには西村選手自身が一番驚いたのではないでしょうか。

デビューから15年以上かかって念願の初優勝を決める

その後も堅実に1着や優出の数を積み上げていった西村選手だったのですが、何故か最後の最後で勝ち切ることができず、長い間優勝することが出来ませんでした。

しかし2020年4月19日、宮島競艇場で開催されたG3レースで5号艇でのスタートながら豪快なまくり差しを決め、デビューから15年5か月目でついに念願の初優勝を飾ります。
西村選手の頑張りは競艇ファンが知っていただけに、この初優勝はとても感動的で多くの祝福の声が寄せられました。

西村美智子選手の旦那さんである木村光宏選手について

木村光宏選手(引用元:https://www.youtube.com/watch?v=AZVIff7KoHM)

西村選手は既婚者です。
競艇選手というのは斡旋などがあって移動時間が長いうえ、レース中は自由に外出もままならないというかなり閉ざされた世界となっていて、競艇選手同士が結婚するというケースが非常に多いです。

西村選手の旦那さんも競艇選手なのですが、ただの競艇選手ではありません。
西村選手の旦那さんは木村光宏選手で、G1レースを優勝したことがあるほか、2016年には通算2,000勝を達成するなど素晴らしい実績を残しています。
そして実は西村選手と木村選手は14歳離れており、これも結婚が発表された当時大きな話題となりました。

実は木村選手は幼いころに両親と離れて養護学校で少年時代を送っていたという経歴があり、その経験から競艇選手になった現在、養護学校の支援をしたり、難病支援をおこなうなど、さまざまな活動をしています。
そんな木村選手の陰ながらの活躍を見て惹かれるものがあったのでしょう。

手話によるスピーチが大きな話題に

西村選手が木村選手の活動に強く惹かれるようになった原因は恐らく家庭環境にあります。
西村選手のご両親は耳が不自由であり、一般家庭のように言葉での意思疎通ができない環境でした。

そのため、西村選手はごく自然に手話の知識を身に着け、ご両親とは手話を交えて会話をしています。
2009年、女子王座決定戦に初出場した西村選手は、選手紹介の際に良心への感謝を伝えるため、手話を交えて自己紹介をしました。

この事は大きな話題となり、経歴を知った競艇ファンからは賞賛の声が上がっています。
先ほど紹介した初優勝のインタビューの際にも手話を交えて喜びをコメントしていました。

2021年後期からは最高ランクのA1選手に

西村美智子選手(引用元:https://www.youtube.com/watch?v=UktjAtBsJYM)

デビュー当時はスタートが苦手だったものの、努力の甲斐もあって今では女性レーサーではトップクラスのスタート力を持つようになった西村選手、スタート力が高いというのは競艇においては大きなアドバンテージとなっていて、大きく崩れることはなく着実に実績を積み重ねているという印象です。
特にここ数年間は何かコツをつかんだのか目に見えて1着になる回数が増えてきており、2021年後期からは最高クラスであるA1級へと昇格しています。

二人のお子さんがいるママさんレーサー

西村美智子選手(引用元:https://www.youtube.com/watch?v=UktjAtBsJYM)

さらに西村選手は2人のお子さんを育てる「ママさんレーサー」でもあります。
現役時代のお子さんを出産しているということは、必ず長期的な産休を経験していて、産休を取ると出走回数が規定を満たさないため、級別は一気に下がります。

事実、西村選手は産休によって2度最下位クラスであるB2級へと陥落していますが、すぐに元のクラスへと復帰しています。
もちろん旦那さんである木村選手の協力もあったでしょうが、何より西村選手自身が忙しい子育ての合間を縫って類まれなる努力をしたからこそ早々に復帰できたのでしょう。
西村選手のこの実績は、多くの女性選手の励みとなっているのではないでしょうか。

まとめ

西村美智子選手は香川県支部の選手であり、2022年9月時点で最高ランクであるA1級となっています。
学生時代はハンドボールに明け暮れながら、当時大ヒットした競艇漫画である「モンキーターン」にハマり、地元の女性選手である山川美由紀選手の走りを見て本格的に競艇選手を目指すようになります。

1度はその夢をあきらめかけ、教員免許を取得しようと大学に通うのですが競艇選手への夢は捨てきれずに再度挑戦すると見事合格、大学を休学して競艇学校に入学しました。

研修生時代に優秀な成績を残して卒業し、競艇選手としてデビューすると、デビューからわずか3か月で初勝利を挙げ、更にはデビュー3年目でトップレーサーである濱野谷憲吾選手を破るという大金星も挙げます。
そして2020年4月にデビューから15年5か月目にしてついに念願の初優勝に輝きます。

残念ながらコロナ禍ということもあって無観客のレースとなってしまいましたが、この時の水神祭の動画には多くの競艇ファンから祝福のコメントが寄せられました。
2人のお子さんを育てながら女性選手ではトップクラスの活躍を見せる西村選手をこれからも応援していきましょう。

的中率が高い競艇予想サイト

今なら1万円分のポイントがもらえるキャンペーン実施中!無料登録して損なし!!

グリーンベレーの公式ページはこちら

-競艇選手

© 2022 競艇大全