競艇選手

【競艇】菊地孝平のプロフィールまとめ!年収や過去成績・得意なコースは?

菊地孝平選手は、ボートレーサーの中でも超一流の選手です。

ボートレースファンの方は一度は名前を聞いたことがある選手だと思います。

そんな菊地選手、選手全体でも屈指のスタート巧者として知られています。

年間賞金ランキングで1位を獲得したこともあるトップレーサーのプロフィールや戦歴を見ていきましょう。

的中率が高い競艇予想サイト
競艇予想サイトNOVA

6月28日にNOVAスペシャルで「三国11R→桐生1R」のコロガシ成功で1,475,810円の払い戻し!
今なら1万円分のポイントがもらえるキャンペーン実施中!無料登録して損なし!!

競艇Novaの公式ページはこちら

菊地孝平のプロフィール

菊地孝平(きくちこうへい)基本情報
出身地 岩手県
生年月日 1978年8月16日
身長 165cm
体重 53kg
血液型 AB型
登録番号 3960
登録期 82期
級別 A1級
師匠 金子良昭
デビュー日 1998年5月8日

今回はボートレーサー界でも屈指のスタート力を誇る菊地孝平選手のプロフィールを見ていきましょう。

菊地選手は北海道出身とのことですが育ったのは岩手県のようです。

高校も岩手県の高校を卒業されていて、公式のホームページの出身地も岩手県になっています。

菊地選手の父親がボートレースのファンであったようでよく幼いころからボートレーサーになるようにと言われていたそうです。その影響が大きかったのか現在ではトップレーサーとして活躍されていますね。

高校時代は野球部に所属していたようで朝早くから始業までトレーニングにに励み、夜遅くまで練習に取り組むまじめな学生であったようです。

また高校時代の学校の成績は優秀で、数学や物理が好きで将来的には飛行機の設計・開発の仕事をしたいと思っていたこともあったそうです。

1997年、岩手大学に推薦で合格していたものの、同時に受験していたボートレーサーの募集試験に合格したため、大学への入学を辞退しました。

第82期訓練生としてボートレーサー養成所に入所しました。

現在は静岡支部として活動しており、同期の坪井康晴選手、横澤剛治選手と3人で静岡(遠州)三羽ガラスと呼ばれているそうです。

3名ともA1級として現在でも活躍されている選手で、今後の活躍にも期待できそうですね。

また他の82期の同期には、愛知支部の赤岩善生選手や埼玉支部の中澤和志選手など現在もA1級で第一線として活躍されている選手たちばかりです。

菊地孝平の特徴や得意なコース

菊地選手の特徴は何と言っても早いスタート、スタート力にあります。

数多くのボートレーサーがいますが、菊地選手はボートレーサー界屈指の実力者です。

2016年6月に鳴門競艇場で行われたG1大渦大賞では、出走した全てのレースでコンマ0台のスタートを決めるという伝説を残しています。

そんなスタート先行で勝負を決める菊地選手ですが、コース取りではイン屋のように外枠出走の際強引な前付けなどはありません。

G1やSGクラスの競走でもコンスタントに着に絡んでくる選手なのでどのコースの進入でも舟券に絡むことが予想されます。

また、早いスタートが特徴の菊地選手ですがスタートが早いからと言ってフライングなどのスタート事故はほとんど無い選手です。

モーターの整備のも定評があり、抜群の調整力を持っています。

ボートレーサー界屈指のスタート力と抜群の整備能力を兼ね備えたからこそ、トップレーサーへとなることができる理由なのかもしれませんね。

菊地孝平の過去成績・優勝歴

菊地選手は1998年5月にデビューし、デビューから翌日には初勝利を収めます。

その後、初優勝はデビューから3年後の2001年びわこ競艇場で行われた一般戦でした。

さらにその3年後には念願のG1初優勝を果たします。2004年に常滑競艇場で行われた周年記念競走でした。

その翌年2005年には若松競艇場で行われたSGモーターボート記念競走でSG初優勝を果たします。

2005年は自身初の賞金王決定戦まで駒を進め、菊地選手にとって飛躍の一年になったと

思われます。

その後も菊地選手の勢いは止まらず、2009年にはSGオーシャンカップで優勝しSG2つ目のタイトル獲得となります。この年はSG1回、G1を2回、一般戦を4回優勝するなど確実に一流レーサーとしての地位を確立していきます。

2010年にはG1タイトルを含む3回の優勝、2011年には3回、2012年と2013年には2回の優勝回数を積み上げ、グレードレースの優勝から多少遠ざかっていましたが、2014年に再び菊地選手が大舞台のど真ん中にやってきます。

福岡競艇場で開催されたSG笹川賞にて優勝戦に2コースから出走。差し切って自身3度目のSG優勝を果たすと、次のSG開催となった浜名湖競艇場でのSGグランドチャンピオン決定戦競走で優勝戦4コースから捲って今年2個目のSG優勝を手にします。

その後も下関競艇場で開催されたチャレンジカップ競走と平和島競艇場で開催された賞金王決定戦で準優勝を果たし、SG優出2回、優勝2回と圧倒的な成績を叩き出します。

この年はSGでの圧倒的な成績から年間での賞金ランキング1位を獲得し名実ともにトップレーサーとして菊地選手の名を高めました。(静岡支部の年間賞金王は16年前の服部幸男以来)。

2016年は6月には鳴門競艇場でのG1大渦大賞開発64周年記念競走で優勝し、7月には日本モーターボート選手会会長賞を優勝します。

更に常滑競艇場での周年記念競走G1トコタンキング決定戦で優勝し、8月から桐生競艇場で開催されたSG第62回ボートレースメモリアルにて、自身5度目のSG優勝を果たしました。

この年も他を寄せ付けない圧倒的な成績を残しました。

的中率が高い競艇予想サイト
競艇予想サイトNOVA

6月28日にNOVAスペシャルで「三国11R→桐生1R」のコロガシ成功で1,475,810円の払い戻し!
今なら1万円分のポイントがもらえるキャンペーン実施中!無料登録して損なし!!

競艇Novaの公式ページはこちら

菊地孝平の年収は?

SGでの優勝経験が5度もあり、年間賞金ランキングで1位を取ったこともある菊地選手の毎年の獲得賞金を見ていきましょう。

初のG1優勝を果たした2004年には7600万円ほど獲得しておりランキングでも18位と好位に付けています。2005年には初の1億円越えとなる1億2200万円、2006年に8100万円とコンスタントに5000万円を超える賞金を獲得しています。

オーシャンカップを制した2009年には再び年間での獲得賞金1億円越えの1億3900万円でランキングも9位とかなりの好成績を残します。

年間での賞金王となった2014年にも2009年以来の1億円越え、1億6900万円で堂々のランキング1位でした。

2016年にも1億3000万円を獲得しランキング3位に付けるなどかなり賞金を積み上げています。毎年グランプリに出場する選手だけあって稼ぎが大きいですね。

平均的なA1選手で年間3000万円ほどですから菊地選手の凄さを分かってもらえると思います。

20206月現在で4000万円を獲得しておりランキング9位となっています。

菊地孝平はSNSはやってる?

最近ボートレーサーが自身のSNSアカウントで情報発信を行う場面をよく見ますが菊地選手はどうでしょうか?

菊地孝平のTwitter(ツイッター)は?

菊地選手ご本人のものと思われるTwitterアカウントを確認しました。

あまり更新されていないようですが、2020年になってもツイートされているのでこれを機にフォローしていない方はフォローしてみてはいかがでしょうか?

菊地孝平のInstagram(インスタグラム)は?

こちらも菊地選手ご本人のものと思われるアカウントを発見しました。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Kohei Kikuchi (@k2.3960) on

こちらも更新頻度は少ないものの2020年現在でも更新されているので菊地選手をチェックしたい方は必見ですね。

菊地孝平のYouTube(ユーチューブ)は?

こちらは菊地選手ご本人の動画チャンネルは見つかりませんでした。

しかし峰竜太選手を筆頭に最近ボートレーサーのYouTuberデビューが多いので菊地選手も今後チャンネル開設してくれるかもしれませんね。

菊地孝平のプロフィール|まとめ

いかがでしょうか、屈指のスタート力を持つ菊地選について紹介しました。

菊地選手は意外なことにSNSでの情報発信にも積極的でボートレース場以外でもファンの方に話題を提供してくれる選手であることが分かりました。

まだまだ第一線で活躍されているので今後グランプリ優勝を果たす可能性は十分にありますので期待して応援していきたいですね。

的中率が高い競艇予想サイト

競艇予想サイトnova今なら1万円分のポイントがもらえるキャンペーン実施中!無料登録して損なし!!

競艇Novaの公式ページはこちら

-競艇選手
-

© 2022 競艇大全