競艇選手

【競艇】羽野直也のプロフィールまとめ!年収や過去成績・得意なコースは?

どのスポーツ界にも若手のホープと呼ばれる次世代エース選手がいると思います。

ボートレーサーでも大山千広選手などが若手の中でもエースと呼ばれ、ファンの方からも期待されています。

その大山選手と同じ福岡支部に、大山選手に匹敵する腕前をもった若手選手がいます。

その選手が今回紹介する羽野直也選手です。

今回は現在25歳ながらA1級として活躍している羽野選手のプロフィールや戦歴を見ていきましょう。

的中率が高い競艇予想サイト
競艇予想サイトNOVA

6月28日にNOVAスペシャルで「三国11R→桐生1R」のコロガシ成功で1,475,810円の払い戻し!
今なら1万円分のポイントがもらえるキャンペーン実施中!無料登録して損なし!!

競艇Novaの公式ページはこちら

羽野直也のプロフィール

羽野直也(はのなおや)基本情報
出身地 福岡県飯塚市
生年月日 1995年3月29日
身長 166cm
体重 51kg
血液型 AB型
登録番号 4831
登録期 114期
級別 A1級
師匠 別府正幸
デビュー日 2014年5月

今回は福岡支部の期待の若手エース、羽野直也選手のプロフィールを見ていきましょう。

羽野選手は1995年3月生まれ、地元は福岡県飯塚市のようです。

高校は福岡県立嘉穂東高等学校という飯塚市の高校を卒業しています。

高校卒業後ボートレーサー養成所に入所し、114期としてデビューしています。

同期には、羽野選手のように若くからA1級として活躍している広島支部の村松修二選手や、三重支部の松尾拓選手がいます。

福岡支部では先輩にあたる篠崎元志選手、仁志選手兄弟のように、羽野選手には弟がいます。弟の羽野諒選手もボートレーサーであり、121期としてデビューしています。

いつかこの4選手が同じレースに出走してくれないかなと期待しています。

羽野選手は学生時代は野球部に所属していたようです。

福岡支部の大エースとされている瓜生正義選手も羽野選手と同じ高校を卒業されていて、羽野選手がボートレーサーを目指すきっかけとなったのは卒業後、出身高校の卒業生に強いボートレーサーの方がいる、と聞いたからだそうです。

羽野選手が高校を卒業した後、実際に福岡競艇場に足を運んだそうです。

ちなみに羽野選手がその卒業生が瓜生選手であるということを知ったのはデビュー後だそうです。

羽野選手の師匠は現在埼玉支部に所属されている別府正幸選手なのですが、師匠から『レーサーとしてはもちろんだが、人として大きくなってほしい』という教えを受けているようで、師匠の別府選手も弟子の羽野選手も人格者としての一面が垣間見えます。

羽野直也の特徴や得意なコース

続いては、羽野選手のレーススタイルや特徴について紹介します。

羽野選手のレーススタイルは自在型と呼ばれているもので、これは常に内枠を狙って進入するイン屋や常にアウトコースに持ち出してダッシュ戦を行うアウト屋と呼ばれる選手と異なり、どのコースからでも出走し、スロー戦もダッシュ戦も対応できることです。

羽野選手は25歳という若さであるながら、どのコースからでもコンスタントに舟券に絡んでくる実力があります。SGやG1でトップ選手と対決することも多々あるのですが、ベテランの実力者相手にも引けを取らないレース運びを見せてくれます。

また平成生まれのボートレーサーの中で最初にG1での優勝を飾るなど世代トップの座を確固たるものにしています。

平均スタートタイミングは毎年0,15前後と安定しており、これも上級レーサーに引けを取らないスタート力を持っています。

ボートレースでは毎年将来有望な選手を選出し、上位16名にトップルーキーという称号を与えています。羽野選手は2017年から2019年までの3年間でトップルーキーとして選出され、運営側からも将来有望な選手として期待されています。

一般戦などでは優勝争いに絡んでくる実力を既に持ち合わせているので、羽野選手が出走するレースでは羽野選手中心に舟券を組み立てることが的中への近道になりそうです。

羽野直也の過去成績・優勝歴

続いては、羽野選手の戦歴についてです。

羽野選手は、2014年5月16日から地元水面である若松競艇場で開催された一般戦でデビューしました。デビュー戦は3着で、初戦から、羽野選手の持つ才能の片鱗を見せてくれました。

初勝利はデビューから1年近くたった2015年4月、こちらも若松競艇場で開催された一般戦で6コースからの差しを決めての初勝利を飾りました。

2016年には、1月から平和島競艇場で開催された一般戦で自身初の優出を果たし、同年の7月には芦屋競艇場での一般戦、優勝戦で5コースから捲りを決めて記念すべき初優勝を果たしました。

羽野選手のとてつもない才能で、2017年6月には住之江競艇場で開催された開設61周年記念太閤賞競走に斡旋され、デビューから3年弱でG1初出走を果たします。

G1での初勝利は同年9月に蒲郡競艇場で開催された第4回ヤングダービーで達成しました。

2017年は羽野選手自身にとって飛躍の1年となり10月に大村競艇場で開催されたG1開設65周年記念海の王者決定戦ではG1初優出を果たし、優勝戦では2コースから差し切って優勝を果たしました。

この優勝を機に12月に住之江競艇場で開催されたグランプリシリーズ戦でSG初出走を果たし、シリーズ4日目には1コースから逃げを決めてSG初勝利も収めています。

2017年はボートレーサーとして最優秀新人賞を受賞し、名実ともに若手のエースレーサーとなりました。

その後も羽野選手はG1やSG戦線で活躍しており、2020年6月には宮島競艇場で開催されたSG第30回グランドチャンピオン競走にてSG初優出を果たし(結果は6着)、残すはSG初優勝のみとなりました。

羽野選手には是非20代のうちにSGタイトルを沢山獲得してほしいですね。

的中率が高い競艇予想サイト
競艇予想サイトNOVA

6月28日にNOVAスペシャルで「三国11R→桐生1R」のコロガシ成功で1,475,810円の払い戻し!
今なら1万円分のポイントがもらえるキャンペーン実施中!無料登録して損なし!!

競艇Novaの公式ページはこちら

羽野直也の年収は?

若手のエースとして最優秀新人賞を獲得したこともある羽野選手はどれくらいの賞金を獲得しているのか、見ていきましょう。

羽野選手は2014年にデビューし、2015,2016年はランキング外ということで詳しい獲得金額は分かりませんでした。

飛躍の年になった2017年は4519万円、2018年には4341万円と一気にA1選手の中でも平均以上を稼ぐレーサーになりました。2019年も4474万円とコンスタントに3年連続4000万円を超えています。20代前半でこれだけ稼いでいる人は殆どいないのではないでしょうか?

2020年8月現在で羽野選手は3000万円を獲得しており、全体で41位に付けています。もう少しSGやG1戦線で結果が出るようになれば賞金王への道も見えてくるのではないかと思います。

羽野直也はSNSはやってる?

最近SNSで情報発信するボートレーサーが増えていますが羽野選手のSNS事情はどのようになっているでしょうか、見ていきましょう。

羽野直也のTwitter(ツイッター)は?

こちらが羽野選手のTwitterアカウントになります。

若手選手ということでSNSも使いこなして、様々な情報を呟いてくれています。

羽野直也のInstagram(インスタグラム)は?

羽野選手はインスタグラムも自身のアカウントを所持しているようです。

羽野選手の交友関係や、プライベートを垣間見ることができます。

羽野直也のYouTube(ユーチューブ)は?

残念ながら羽野選手のチャンネルはありませんした。

もしかしたら今後、開設される可能性もあるので、注目が必要ですね。

羽野直也のプロフィール|まとめ

いかがだったでしょうか、福岡支部の期待の若手エースとして活躍されている羽野直也選手について紹介しました。

羽野選手は現在25歳とまだとても若く、これからSGを何度も優勝できるだけの実力を持ったレーサーになれるとファンも周りの選手も思っています。

羽野選手の今後の活躍には目が離せません!

2020年8月に下関競艇場で開催されるSG第66回ボートレースメモリアルに羽野選手も出場予定なので、ここでいい結果が出ることを応援しています!

的中率が高い競艇予想サイト

競艇予想サイトnova今なら1万円分のポイントがもらえるキャンペーン実施中!無料登録して損なし!!

競艇Novaの公式ページはこちら

-競艇選手
-

© 2022 競艇大全