• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

釜石市「復興『ありがとう』ホストタウン」事業 オーストラリア&岩手県選抜高校生ラグビー交流

釜石市「復興『ありがとう』ホストタウン」事業 オーストラリア&岩手県選抜高校生ラグビー交流
釜石市「復興『ありがとう』ホストタウン」事業 オーストラリア&岩手県選抜高校生ラグビー交流

【WG⑥】

日時 2019年9月24日(火) 12:30~
場所 釜石市球技場(岩手県釜石市)
主催 釜石市
来場者数 オーストラリアの高校生53名、岩手県選抜60名、           スコット・ファーディー選手
実施概要

東北発で、日本の未来を牽引する次世代人材育成モデルをつくるプログラム。

 

RWC2019釜石開催に合わせて、オーストラリアの高校生53名が釜石市を

訪れ、岩手県選抜高校生との交流試合を行いました。

 

①13:00 カランドラスクール 対 岩手選抜C

②14:00 クランブルックスクールA 対 岩手選抜A

③15:00 クランブルックスクールB 対 岩手選抜B

 

ラグビーピッチで試合を行いつつ、サッカーピッチでは元豪州代表の

スコット・ファーディー選手によるラグビークリニックを行いました。

 

すべての交流試合終了後には、オーストラリアの高校生、

スコット・ファーディー選手、岩手選抜高校生で「世界むすびイベント」

を通じて交流を深めました。

 

東北の若年層が、地元の魅力を再認識し、地元の復興・創生及び日本の未来を牽引する存在になる。-そのような未来を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>

日本製鉄

協議会からの
参加者
20名
参考URL http://www.kamaishi-seawaves.com/news/index.cgi?no=2058