• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

第30回日本パラ陸上競技選手権大会 観戦応援

第30回日本パラ陸上競技選手権大会 観戦応援
第30回日本パラ陸上競技選手権大会 観戦応援

【WG②】

日時 2019年6月1日(土)・2日(日)
場所 大阪市長居陸上競技場(ヤンマースタジアム長居)(大阪府大阪市)
主催 日本パラ陸上競技連盟
来場者数
実施概要

障がい者と健常者がスポーツを通して交わることで、真の共生社会の実現を目指すプログラム。

 

今年で30回目となる、日本パラ陸上競技選手権大会が大阪市長居陸上競技場で開催されました。経済協議会では、6月1日(土)および2日(日)の両日に観戦応援を各社に呼びかけ、50名を超える観戦者が大会を盛上げました。

 

同じ100メートル走の競技1つにしても、30以上の障がい種別、クラスを基にレースが行われることに参加者は驚きとともに、選手のフィジカル、

メンタルの強さを目の当たりにすることが出来ました。

来年の東京2020、そしてその後に向けて、パラ競技への興味や応援する気持ちを強くもつことが出来る素晴らしい機会となりました。

 

障がい者スポーツを応援する文化を根付かせ、2020年のパラリンピック大会では、競技会場を観客で満員にしたい。−そのような未来を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>

SMBC信託銀行、NTT

協議会からの
参加者
66名
参考URL https://jaafd.org/results/01-2/20190603-001-44