• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

復興公営住宅でのボッチャ体験会

復興公営住宅でのボッチャ体験会
復興公営住宅でのボッチャ体験会

【WG②⑥】

日時 2019年8月2日(金)
場所 宮城野市営住宅 集会所(宮城県仙台市)
主催 オリンピック・パラリンピック等経済界協議会
来場者数 20名
実施概要

すべての人がスポーツに親しむ機会をつくるとともに、障がい者と健常者がスポーツを通して交わることで、真の共生社会の実現を目指すプログラム。

 

オリンピック・パラリンピック等経済界協議会では、企業人がこれほどまでに盛り上がる「ボッチャ」というスポーツを、コミュニティ活性化の

ツールとして活用するため、今年度の新たな取り組みとして仙台市社会福祉協議会と連携し、復興公営住宅にてボッチャ体験会を実施しています。

 

5月に開催した、Office de Boccia in 仙台 春の陣で優勝企業、上位企業が各地の復興公営住宅に赴き、ボッチャの面白さを住民の皆さんにお伝えします。

 

今回は仙台大会で優勝した鹿島建設が宮城野市営住宅で、ボッチャ体験教室を行いました。

ボッチャのルールをお伝えした後は、住民の皆さんがチームに分かれて、試合形式で楽しみました。

皆さんかなり熱が入り、延長戦を行う等、大変盛り上がった体験教室となりました。

 

障がい者スポーツの楽しさを多くの人々に伝え、障がいがある人もない人も、一緒に気軽にスポーツを楽しむことが日常化している。-そのような未来を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>

鹿島建設、キヤノンマーケティングジャパン

協議会からの
参加者
4名
参考URL