• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

中高生向け金融経済教育プログラム「SMFGファイナンス・パークデー」の実施

中高生向け金融経済教育プログラム「SMFGファイナンス・パークデー」の実施
中高生向け金融経済教育プログラム「SMFGファイナンス・パークデー」の実施

【WG⑥】

日時 2017年12月26日(火)
場所 品川ファイナンス・パーク(東京都品川区)
主催 ジュニア・アチーブメント日本と東京都教育庁共催 (協賛:三井住友フィナンシャルグループ)
来場者数 中学生他 約50名
実施概要

日本の未来を牽引する次世代人材育成モデルをつくるプログラム。
 

2017年12月26日、中学生を対象とした金融経済・キャリア教育プログラム「SMFGファイナンス・パークデー」を、ジュニア・アチーブメント日本が運営する品川ファイナンス・パークで実施しました。

 

中学生を対象に初めて実施した本プログラムでは、SMFG社員との座談会、家計のやりくり体験を行いました。
 
座談会では、中学生だったころの夢や今の仕事を目指したきっかけ、仕事のやりがいなどについて社員が語り、参加者にキャリアについて考えていただくきっかけ作りとなりました。
 

家計のやりくり体験では、参加者それぞれに与えられた人物像(例:30歳、既婚、子ども1人、年収650万円等)に基づいて生活設計シミュレーションを行い、お金の使い方や様々な意思決定を体験していただきました。
 

参加者からは「社員の方からの話を聞いて、改めて将来の夢に向かってがんばろうと思った」「家計のやりくりが難しく、実際にやりくりしている両親に感謝したいと思った」等の感想をいただきました。

 

今後も、三井住友フィナンシャルグループは、次世代を担う子どもたちの「生きる力」につながる金融経済教育・キャリア教育に引き続き取り組んで参ります。
 
<参加企業>
三井住友銀行など三井住友フィナンシャルグループ各社

協議会からの
参加者
参考URL http://www.smfg.co.jp/responsibility/whatsnew/2017/2017_26.html