• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

(東北復興)復興庁企画「福島県会津若松ハンズオン支援事業」への講師並びに、外国人社員のモニター派遣

(東北復興)復興庁企画「福島県会津若松ハンズオン支援事業」への講師並びに、外国人社員のモニター派遣
(東北復興)復興庁企画「福島県会津若松ハンズオン支援事業」への講師並びに、外国人社員のモニター派遣

【WG⑥】

日時 講師派遣:2017年2月13日(月)
モニター派遣:2017年3月2日(木)・3日(金)
場所 福島県会津若松市
主催 復興庁
来場者数 80名
実施概要

東北発で、日本の未来を牽引する次世代事業者・企業育成モデルをつくるプログラム。

 

<概要>
○セミナー講師派遣
SMBCコンサルティングによる、観光客誘致ためのSNSを活用したマーケティングセミナーを実施。

 

○外国人社員のモニター派遣
経済界協議会各社の日本で勤務する外国人社員を、モニターとして会津若松に派遣。外国人観光客の目線で観光施設や事業者を回り、アンケート形式で気付いた点をまとめました。外国人モニターの出身国は4か国(中国、フィリピン、米国、英国)計7名。

 

以下の方法により、対外的に情報を発信しました。
・外国人社員のFBを通じ、会津若松の魅力を発信。
・近畿日本ツーリスト、日本航空、トラベルビジョン社のメルマガもしくはFBを通じ、今回の取り組みを紹介するとともに、会津若松の魅力を発信。

 

訪問した施設・事業者は以下の通りです。
・観光施設:飯盛山、武家屋敷、鶴ヶ城
・事業者:庄助の宿 瀧の湯、ほしばん絵ろうそく店、渋川問屋、もめん絲、関漆器店、末廣酒造

 

東北地域の事業者や企業が、震災を乗り越え、新たなビジネスや産業を創り出す。−そのような未来を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>
近畿日本ツーリスト、JTB、JAL、野村證券、三井住友海上、三井住友銀行

協議会からの
参加者
11名
参考URL