• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

福島県・福島労働局主催の就活生向け就職ガイダンスのサポートin池袋

福島県・福島労働局主催の就活生向け就職ガイダンスのサポートin池袋
福島県・福島労働局主催の就活生向け就職ガイダンスのサポートin池袋

【WG⑥】

日時 2018年3月2日(金) 10:00~17:00
場所 池袋サンシャインシティ 文化会館(東京都豊島区)
主催 福島県・厚生労働省福島労働局
来場者数 就活生 248名
実施概要

東北発で、日本の未来を牽引する次世代人材育成モデルをつくるプログラム。
 

福島県雇用労政課と厚生労働省福島労働局が主催する就活生向けの就職ガイダンス(東京会場)のサポートを実施しました。

 

当日は福島県に事業所のある約120社が集結し、各社がブースを出展して就活生に対して各々の会社の取り組みを説明。経済界協議会としては、昨年に続いてのサポートでしたが、昨年の反省を踏まえ、今年度の準備をかなり前倒しで福島県と協働してすすめました。

その結果、来場した就活生数は昨年比5倍となり、また、過去最高記録の2倍となる来場数となりました。

 

当日開催した経済界協議会企業の先輩社員との懇談会や就活生としての身だしなみ講座など、就活生が来場したくなるような企画を作り上げていくとともに、首都圏の大学へのPR活動も県庁職員自身が直接大学を訪問する等の努力をされた結果といえます。

 

東北出身者が、大学進学は首都圏にしたものの、就職は地元へという流れをより強化していくためには、まずは地元企業を知ってもらうことが大切であるという観点に立ち、経済界協議会は今後とも引き続きサポートしていく予定です。

 
東北の若年層が、地元の魅力を再認識し、地元の復興・創生及び日本の未来を牽引する存在になる。−そのような未来を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>
東京海上日動、野村證券、JR東日本、三井住友銀行、LIXIL

協議会からの
参加者
9名
参考URL https://www.pref.fukushima.lg.jp/site/saiyou/kigyou.html