• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

福島の未来を正しく知るための高校生の保護者・高校生の進路指導員向け講演会への講師派遣

福島の未来を正しく知るための高校生の保護者・高校生の進路指導員向け講演会への講師派遣
福島の未来を正しく知るための高校生の保護者・高校生の進路指導員向け講演会への講師派遣

【WG⑥】

日時 2017年11月7日(火) 13:00~16:00
場所 喜多方プラザ 文化センター(福島県喜多方市)
主催 全会津高等学校PTA連合(事務局 福島県立喜多方高校)
来場者数 約200名
実施概要

東北発で、日本の未来を牽引する次世代人材育成モデルをつくるプログラム。

 

福島県が主導し、全会津高等学校PTA連合会との共催で、保護者や進路指導者向けに開催する講演会の企画・立案・講師派遣を行ないました。
 
今講演会は、高校生の県外就職者比率の高い会津地域の保護者や進路指導者の方々をターゲットに、野村総合研究所から見た福島の現状や未来の姿を伝えるとともに、地元で根をおろして頑張っている3社のオーナーに地域の魅力を語っていただき、地元に対する正しい理解と魅力を再発見していただくことを目的として開催しました。
 
野村総合研究所の話に続いて、会津地域に根をおろして事業を継続している3人のオーナーからの話は、保護者や進路指導者にも大きなインパクトがあり、「会津地域の魅力や懸案な点も明確になった」「子供に戻ってきてもらうためにももっと良い地域にしなくてはいけない。人任せではなく、自分たちが協力しながら頑張らないといけないという気持ちになった」などの意見が寄せられました。

 

県庁からは、今後も同様の企画を県内各地で展開していきたいという希望も寄せられ、経済界協議会としても、さらにブラッシュアップに取り組んでいきたいと思います。

 

東北の若年層が、地元の魅力を再認識し、地元の復興・創生及び日本の未来を牽引する存在になる。−そのような未来を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>
野村総合研究所、野村ホールディングス

協議会からの
参加者
3名
参考URL