• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

環境出前授業「モノの“とくちょう”を利用してリサイクル ~理科は地球を救う~」

環境出前授業「モノの“とくちょう”を利用してリサイクル ~理科は地球を救う~」
環境出前授業「モノの“とくちょう”を利用してリサイクル ~理科は地球を救う~」

【WG⑥】

日時 2018年4月~9月
場所 全国
主催 キヤノングループ
来場者数 1,000名以上
実施概要

日本の未来を牽引する次世代人材育成モデルをつくるプログラム。

 

キヤノングループでは、環境問題(ごみや資源問題)に対する理解を深め、リサイクルの大切さを学ぶ「環境出前授業」を、2011年から実施しています。

2018年上期も福島県をはじめ、全国各地の小学校などにおいて、1,000名以上の子どもたちを対象に授業を行いました。

 

今後もプログラムを通じて、持続可能性に配慮し資源を繰り返し使うことの大切さを、次世代を担う子どもたちに伝えています。

 

※本プログラムは、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会による「東京2020公認プログラム(持続可能性)」の認証を受けています。

 

【授業内容】

①リサイクルについて(座学)

②分別実験(混ざり合った数種類の材料を様々なアイテムを使って分別)

③キヤノンのリサイクル工場見学(ビデオ)

④授業のおさらい、学習成果の発表

 

<参加企業>

キヤノン

協議会からの
参加者
参考URL https://cweb.canon.jp/ecology/delivery-class/index.html