• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

東北復興水産加工品展示商談会2017でのビジネスマッチを通じた販路拡大支援

東北復興水産加工品展示商談会2017でのビジネスマッチを通じた販路拡大支援
東北復興水産加工品展示商談会2017でのビジネスマッチを通じた販路拡大支援

【WG⑥】

日時 2017年6月6日(火)10:30~17:00・7日(水)10:00~15:00
場所 仙台国際センター展示棟(仙台市)
主催 復興水産加工業販路回復促進センター(構成団体:東北六県商工会議所連合会、大日本水産会、全国水産加工業協同組合連合会、日本水産資源保護協会)
来場者数 約5,700名
実施概要

東北発で、日本の未来を牽引する次世代事業者・企業育成モデルをつくるプログラム。

 

<概要>

東北復興水産加工展示商談会に、経済界協議会からバイヤー5社を派遣。商談会件数の増加と、東北の事業者と経済界協議会参加企業の繋がりを増やし、販路拡大をサポートしました。

 

当日は、青森県、岩手県、宮城県、福島県等の沿岸部の水産加工業者114社が出展し、昨年を上回る約5,700名の来場者がありました。また水産加工品の販路拡大やHACCP等、水産物輸出に求められる認証等をテーマとしたセミナーも同会場で開催され大変盛況でした。

 

吉野正芳復興大臣をはじめ関係者が参加した交流会では、バイヤー担当者と出展者の交流も積極的に行われました。

 

東北地域の事業者や企業が、震災を乗り越え、新たなビジネスや産業を創り出す。−そのような未来を、経済界協議会は目指しています。

 

<バイヤー協力企業>
エームサービス、サミット、シダックスフードサービス、ノースイ、
メフォス
 
<参加企業>
トヨタ自動車、JAL、三井住友銀行

 

協議会からの
参加者
18名
参考URL http://www.tohokusuisan.jp/