• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

家族と行う東日本大震災の被災地支援ボランティア活動

家族と行う東日本大震災の被災地支援ボランティア活動
家族と行う東日本大震災の被災地支援ボランティア活動

【WG⑥】

日時 2017年7月22日(土)
場所 宮城県亘理郡山元町
主催 三井住友銀行
来場者数 31名
実施概要

2017年7月22日、「家族と行う東日本大震災の被災地支援ボランティア」を実施し、SMFGグループ各社から従業員とその家族31名が参加しました。

 

当日は、津波で甚大な被害を受けた宮城県亘理郡山元町を、語り部の方に案内頂いた後、NPO法人わたりグリーンベルトプロジェクトと連携し、亘理町の方々との昼食交流会や、6年目となる防潮林再生の活動を行い、防潮林の植樹地の草抜きやこれまで育てた苗の植樹作業を行い、合計150本の植樹を実施しました。

 

途中、小雨の降る天候でしたが、参加者からは、「初めて被災地を訪れ、地元の方の話を聞いたり植樹活動に参加し、親子とも感じることが多かった。良い経験になった。」「実際に自分の目で見て、活動する大切さを知った。」などの声をいただきました。

 

今後も、三井住友フィナンシャルグループは、さまざまな形で東北の復興を応援して参ります。
 
<参加企業>
三井住友銀行など三井住友フィナンシャルグループ各社

協議会からの
参加者
31名
参考URL http://www.smfg.co.jp/responsibility/whatsnew/2017/2017_04.html