• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

子どもたちへの交通安全教育

子どもたちへの交通安全教育
子どもたちへの交通安全教育

【WG⑥】

日時 通年
場所 全国の保育園・幼稚園・小学校 等
主催 ヤマト運輸
来場者数 1,337回開催/19,861名参加(2017年4月~12月実績)
実施概要

企業が持つアセットを活用しながら、日本の未来を牽引する次世代人材育成を図るプログラム。

 

ヤマト運輸では1998年より、地域の子どもたちに交通ルールや交通安全への知識を伝える「こども交通安全教室」を全国各地で実施してきました。セールスドライバー(SD)を中心とした社員が地元の保育所・幼稚園・小学校に出向き、着ぐるみ等を用いて楽しく、分かりやすく交通安全について指導しています。

 

特に集配車の乗車体験は、実際に運転席に座ってSDの死角を体験し、あわせて車の内部を見学するという内容で、普段できない体験が子どもたちや、保護者、先生方にも好評を博しています。

 

子どもの交通事故防止はヤマトグループの大きな願いです。今後も全国各地で開催し、地域・社会とのつながりを深めながら、交通安全の大切さを伝える活動を続けていきます。

 

<参加企業>
ヤマト運輸

協議会からの
参加者
参考URL http://www.yamato-hd.co.jp/csr/society/social_02.html