• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

「第3回イノベーションの教室」への企業講師派遣

「第3回イノベーションの教室」への企業講師派遣
「第3回イノベーションの教室」への企業講師派遣

【WG⑥】

日時 2018年2月25日(日) 10:00~16:00
場所 INTILAQ東北イノベーションセンター(宮城県仙台市)
主催 仙台市、日本政策金融公庫、INTILAQ東北イノベーションセンター/後援:東北大学、宮城大学、東北学院大学、宮城学院女子大学/協力:復興庁、中小機構東北、東北経済連合会、オリンピック・パラリンピック等経済界協議会
来場者数 約70名(大学生・高校生33名)
実施概要

東北発で、日本の未来を牽引する次世代人材育成モデルをつくるプログラム。

 

高校生・大学生がイノベーションを伴う起業にチャレンジすることに興味を持ち、そのすそ野が広がることを目的としたイベントの第3弾を実施。
 
経済界協議会では、当イベントに講師(メンター)を派遣。学生たちに対してこれまでの業務経験を踏まえたアドバイスを行うことにより、次世代人材育成をサポートし、レガシー形成に貢献しました。
 
今回のテーマは、東北6県を訪れる外国人観光客は日本全体のわずか1%という危機的状況に対して、その解決策を学生と社会人が一緒になって考え、「インバウンド業界にイノベーションを起こそう!」という内容。33名の高校生、大学生が集まり、熱気に溢れる論議が展開されました。
 
経済界協議会からは9名のメンターを派遣し、学生にアドバイスするとともに、ともに解決策を熱く語り合いました。

 

東北の若年層が、地元の魅力を再認識し、地元の復興・創生及び日本の未来を牽引する存在になる。−そのような未来を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>
イオン、近畿日本ツーリスト、トヨタ自動車、JAL、野村證券、
JR東日本、三井住友海上、三井住友銀行

協議会からの
参加者
9名
参考URL https://www.facebook.com/events/202595843628997/