• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

「希望の大麦プロジェクトにぎわい応援」ツアー

「希望の大麦プロジェクトにぎわい応援」ツアー
「希望の大麦プロジェクトにぎわい応援」ツアー

【WG⑥】

日時 2017年5月27日(土) 9:00~17:00
場所 野蒜市民センター(宮城県東松島市)他
主催 東松島みらいとし機構(HOPE)、アサヒグループホールディングス
来場者数 38名
実施概要

東北発で、日本の未来を牽引する次世代事業者・次世代人材育成モデルをつくるプログラム。

 

アサヒグループは、宮城県東松島市において、東松島みらいとし機構(HOPE)とともに「希望の大麦プロジェクト」に取り組んできました。野蒜地区での2回目の収穫を前に、アサヒグループの社員が圃場を訪れ、当プロジェクト及び地域について知り、さらに東松島市の方々と交流を目的に実施しました。

 

・「震災伝承館」の視察
・「希望の大麦プロジェクト」圃場での調査
・JAの方々との交流会
・「復興の森」(※)の散策

 

※「復興の森」とは
東松島市が、C.W.ニコル・アファンの森財団の協力のもと取り組む、自然と共生した「森の学校」づくりと、その周囲「復興の森づくり」。アサヒグループは2012年よりこの活動に参画、支援しています。「森の学校」は、東松島市立宮野森小学校として、2017年1月に開校しました。

 

東北地域の事業者や企業及び若年層が、震災を乗り越え、新たなビジネスや産業を創り出す。−そのような未来を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>
アサヒビール

協議会からの
参加者
参考URL