• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

都市対抗野球大会における「環境デー」での競技場の美化活動

都市対抗野球大会における「環境デー」での競技場の美化活動
都市対抗野球大会における「環境デー」での競技場の美化活動

【WG④】

日時 2016年7月16日(土) 9:00〜21:00
場所 東京ドーム(文京区)
主催  
来場者数 約59,000名
実施概要

「ゴミの落ちていないキレイな街」の文化を競技会場で今まで以上に育み、街や水辺に波及させながら、後世にもその習慣を残すことを目指すプログラム。

 

野球連盟の「環境デー」に合わせ、一般席の観客約6,000名に経済界協議会で用意したゴミ袋を配布。席周りのゴミ回収への協力を呼びかけました。

 

試合終了後は、観客席及び退場口にて、ゴミの回収をサポート。

 

ゴミ袋を配布されたほぼすべて(99%以上)の方が、ゴミをまとめ、所定の場所にゴミ捨てを実施。また、ゴミをまとめるために袋をもらいに来る方も多数いらっしゃいました。

 

ラグビーワールドカップ2019や2020年オリパラ大会の競技会場がクリーンに保たれ、その結果、日本の街が一層キレイになる。−そのような未来を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>

東京ガス、トヨタ自動車、NTT、パナソニック、日立製作所、
三井不動産、ヤマトHD

協議会からの
参加者
ゴミ袋配布・回収スタッフ約20名
参考URL http://www.jaba.or.jp/