• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

裾野ラリーでの復興物産展、公式グッズ販売、ボッチャ体験会

裾野ラリーでの復興物産展、公式グッズ販売、ボッチャ体験会
裾野ラリーでの復興物産展、公式グッズ販売、ボッチャ体験会

【WG②⑤】

日時 2018年11月18日(日) 9:00~15:30
場所 裾野市総合運動公園(静岡県裾野市)
主催 富士山すそのラリー実行委員会、静岡県協力
来場者数 6,000名
実施概要

地域の魅力を発信し、ヒト・モノ・文化の交流を促すことで、日本全国での賑わいの創出を目指すとともに、ボッチャ体験を通じすべての人がスポーツに親しむ機会をつくり、健康で豊かな生活を送ることができる社会の実現を目指すプログラム。

 

3回目を迎え地元に定着し、賑わいを見せる裾野ラリーの会場で、東北復興物産展・公式グッズ販売・ターゲットボッチャ体験会を開催しました。

 

東北復興物産展を通じては、「復興五輪」を応援していただけました。

ボッチャ体験においては、初めての体験の方がほとんどでしたが、目標めがけてボールを投じることの難しさと、上手にできた時のうれしさを感じていただきました。

体験した一人ひとりが競技に対する理解が深まると共に、笑顔と歓声が

一日中途切れることのなかったボッチャ体験会となりました。

また静岡県と連携したブースではロード自転車の体験会も実施し、こちらも大人気でした。

 

障がい者スポーツの楽しさを多くの人々に伝え、障がいがある人もない人も、一緒に気軽にスポーツを楽しむことが日常化している。-そのような未来を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>

東京海上日動、トヨタ自動車、三井住友海上、みずほ銀行

協議会からの
参加者
12名
参考URL