• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

燕市 つばめ桜まつり「分水おいらん道中」へのボランティア運営スタッフ派遣

燕市 つばめ桜まつり「分水おいらん道中」へのボランティア運営スタッフ派遣
燕市 つばめ桜まつり「分水おいらん道中」へのボランティア運営スタッフ派遣

【WG⑤】

日時 2017年4月16日(日) 11:30〜17:30 
場所 燕市
主催 燕市、燕市観光協会
来場者数 100,000名
実施概要

企業が持つアセットを活用しながら地方のイベントに人を呼び込み、人材交流を図るプログラム。

 

<概要>
▽大河津分水路の偉業を称え植樹された桜。
 その桜があまりにも見事なため、訪れる観桜客のために地元の有志が
 はじめた仮装行列が「分水おいらん道中」のはじまりといわれます。
 
▽オリンピック・パラリンピック等経済界協議会では、ボランティアを
 派遣し、美しい桜と「おいらん道中」を見学にきた多くの来場者にアン
 ケートを実施し、祭り運営のサポートを実施しました。
 

地方の魅力的な産業・観光資源が発掘・活性化され、日本全国が人々で賑わっている。−そのような未来を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>
JTB、ANA、NEC

協議会からの
参加者
4名
参考URL