• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

企業合同物産展『広島JAPAN市』東北・九州・西日本復興編

企業合同物産展『広島JAPAN市』東北・九州・西日本復興編
企業合同物産展『広島JAPAN市』東北・九州・西日本復興編

【WG⑤】

日時 2019年4月19日(金)~21日(土) 10:00~17:30
場所 広島市民球場跡地 FISE WORLD SERIES Hiroshima 2019会場内(広島県広島市)
主催 共催:中国経済連合会、広島商工会議所、                  オリンピック・パラリンピック等経済界協議会
来場者数 100,000名(FISE広島)
実施概要

地域の魅力を発信し、ヒト・モノ・文化の交流を促すことで、日本全国での賑わいの創出を目指すプログラム。

 

昨年に引き続き、FISE広島のイベント内で、広島の経済界が一丸となり、「復興五輪」を応援しました。

地元広島の企業32社から114名がボランティアに参加し、東北3県(岩手、宮城、福島)、九州2県(大分、熊本)、西日本2県(愛媛、岡山)の復興応援物産展に加え、環境保全活動の一環として競技会場の美化活動「KEEP THE STADIUM CLEAN」を実施すると同時に、アーバンスポーツの普及の呼び掛けも実施しました。

 

地域の人々が、伝統文化や風習をはじめとする日本ならではの魅力を誇りに思って発信し、あらゆる地域が賑わいに溢れている。-そのような未来を、経済界協議会は目指しています。

 

<ボランティア参加企業>

アサヒビール、アシックス、アスティ、イオンリテール、

KNT-CTホールディングス、JTB、ANA、住友商事、大日本印刷、

田中電機工業、中国経済連合会、中国地域観光推進協議会、中国電力、

東武トップツアーズ、トヨタカローラ広島、ネッツトヨタ中国、

ネッツトヨタ広島、広島トヨタ自動車、広島トヨペット日本航空、

日本政策投資銀行、広島ガス、広島銀行、広島商工会議所、富士通、

マツダ、みずほ銀行、三井住友海上、三井住友銀行、三井物産、

三井不動産、メンテック

協議会からの
参加者
114名
参考URL