• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

企業合同物産展『仙台JAPAN市 東北・九州復興編』

企業合同物産展『仙台JAPAN市 東北・九州復興編』
企業合同物産展『仙台JAPAN市 東北・九州復興編』

【WG⑤】

日時 2017年8月7日(月)~8日(火) 11:00~19:00
場所 仙台東京海上日動ビル、セントレ東北、電力ビル
主催 仙台商工会議所、東北経済連合会、オリンピック・パラリンピック等経済界協議会、岩手県、宮城県、福島県、大分県、熊本県、仙台市
来場者数 2,000名
実施概要

▽ 仙台のオフィスビル街の一角で、仙台の経済界が一丸となり『復興五輪』を応援しました。
 
▽ 今回は東京、名古屋に続く、3都市目の開催。仙台の企業約40社が参加し、会場提供やボランティア協力等でサポートしました。

 

▽ 各会場では、東北3県(岩手、宮城、福島)、九州2県(大分、熊本)の復興応援物産展に加え、2020東京大会盛り上げに向けた2020公式グッズ販売や、障がい者スポーツ(ボッチャ)体験を開催。

 

▽ 地元企業の従業員の皆様や地元の子供たち、幅広いお客様にご来場いただき、オリパラ機運の醸成と、東北・九州復興を後押ししました。

 

<会場> 
・仙台東京海上日動ビル:大分県物産展、熊本県物産展、技術展示
・セントレ東北:岩手県物産展、福島県物産展、2020公式ライセンス商品販売、ボッチャ体験会、抽選会
・電力ビル:宮城県物産展

 

<参加企業>
ANAセールス、JXTGエネルギー、JTB東北、東京海上日動、トヨタ自動車東日本、NEC、NTT東日本-東北、野村證券、パナソニック、JR東日本、富士通、みずほ銀行、三井住友海上、三井住友銀行 他

協議会からの
参加者
50名
参考URL