• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

中四国地域の公共施設トイレ清掃活動
「中四国観光地トイレ おもてなし一斉清掃」

中四国地域の公共施設トイレ清掃活動<br />「中四国観光地トイレ おもてなし一斉清掃」
中四国地域の公共施設トイレ清掃活動<br />「中四国観光地トイレ おもてなし一斉清掃」

【WG④】

日時 2017年9月4日(月)
場所 中四国地域観光名所における公共施設のトイレ
主催 LIXIL
来場者数 1,134名
実施概要

企業が持つアセットを活用しながら地方のイベントに人を呼び込み、人材交流を図るプログラム。

 

「中四国観光地トイレ おもてなし一斉清掃」は国内外から訪れる観光客の方々への“おもてなし”として、清潔なトイレで迎えたいという思いから、2014年よりLIXIL従業員と地域の皆様で連携して実施。

 

世界遺産である広島県の原爆ドーム(平和記念公園)、島根県の出雲大社、愛媛県の松山城、高知県の桂浜等、中四国地域を代表する24エリアの観光地にある96ヵ所のトイレを、中四国の各地域で働くLIXIL従業員と参加者のおよそ4割を占める地域の皆様の総勢1134名で一斉清掃しました。

 

この取り組みはユニバーサル社会の実現に向け、清掃活動を通じて“おもてなし”の心を育む内容として、東京2020公認プログラム(街づくり)にも認証されています。

 

LIXILは今後も「中四国観光地トイレ おもてなし一斉清掃」等の地域活動を通して、地域の方との交流を持ち、地域社会の一員として信頼される企業を目指し、ユニバーサル社会の実現に向けた活動を続けていきます。

 

地方の魅力的な産業・観光資源が発掘・活性化され、日本全国が人々で賑わっている。−そのような未来を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>
LIXIL

協議会からの
参加者
680名
参考URL http://newsrelease.lixil.co.jp/news/2017/120_newsletter_1011_01.html