• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

ジャパンラグビートップリーグ(レベルファイブスタジアム)での「KEEP THE STADIUM CLEAN(競技会場美化活動)」

ジャパンラグビートップリーグ(レベルファイブスタジアム)での「KEEP THE STADIUM CLEAN(競技会場美化活動)」
ジャパンラグビートップリーグ(レベルファイブスタジアム)での「KEEP THE STADIUM CLEAN(競技会場美化活動)」

【WG④】

日時 2017年9月23日(土) 16:30~,19:00
場所 レベルファイブスタジアム(福岡県福岡市)
主催 ジャパンラグビー トップリーグ
来場者数 2,886名
実施概要

「ゴミの落ちていないキレイな街」の文化を競技会場で今まで以上に育み、街や水辺に波及させながら、後世にもその習慣を残すことを目指すプログラム。

 

9/23(土)に福岡レベルファイブスタジアムで開催されたジャパンラグビートップリーグの試合にて、ジャパンラグビートップリーグおよび福岡県ラグビーフットボール協会と共同で、環境保全活動の一環として競技会場の美化活動「KEEP THE STADIUM CLEAN」を実施いたしました。

 

参加企業社員3名に加え、出場チームのラグビー選手10名、学生12名にもボランティアとしてご参加いただき、観客の皆さまへゴミ袋2,000枚近くを配布しました。

 

多くの観客の皆様にゴミ袋をご活用いただきました。試合後の会場内ゴミ捨て場では、多くのゴミがこの袋にまとめられ役立っていることが確認できました。

 
ラグビーワールドカップ2019や2020年オリパラ大会の競技会場がクリーンに保たれ、その結果、日本の街が一層キレイになる。−そのような未来を、経済界協議会は目指しています。
 

<対象試合>
16:30開始 コカ・コーラレッドスパークス VS リコーブラックラムズ
19:00開始 宗像サニックスブルース VS NECグリーンロケッツ

 

<参加企業>
松竹、三井不動産

協議会からの
参加者
3名
参考URL http://www.top-league.jp/