• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

『日本財団 DIVERSITY in the ARTS ~MAZEKOZEプロローグ~』(障がい者アート展覧会)への協力

『日本財団 DIVERSITY in the ARTS ~MAZEKOZEプロローグ~』(障がい者アート展覧会)への協力
『日本財団 DIVERSITY in the ARTS ~MAZEKOZEプロローグ~』(障がい者アート展覧会)への協力

【WG④】

日時 2017年3月3日(金)〜5日(日) 場所:COREDO室町 江戸桜通り地下歩道、2017年3月6日(月)〜8日(水) 場所:大手町タワー OOTEMORI B2プラザ
場所 上記参照
主催 日本財団
来場者数 4,000名
実施概要

障がい者アートを世の中に広め、様々な価値観を受け入れられる心を育み、真の共生社会を目指すプログラム。

 

<概要>
▽日本財団が、障がい者の多様な芸術文化を
 「日本財団DIVERSITY in the ARTS」と名づけて展開するプロジェ
 クトにおいて、障がい者が活躍する場を増やし、真の共生社会の実現
 を目指す為に、オリンピック・パラリンピック等経済界協議会が
 サポートします。
 
▽日本橋と大手町で各3日間開催されたプレイベントでは、
 女優・一般社団法人Get in touch 代表 東ちづると美術家 中津川浩章と
 の監修による国内外で高く評価されている心揺さぶるアート約60点が
 展示され、障がい者アートを数多くの方々にご覧いただき
 ました。
 
※東京2020をテーマとした作品も、展示。
※写真提供:一般社団法人Get in touch
 

企業のロビーなど様々なスペースで障がい者アートが展示され、広く認知されている。−そのような社会を、経済界協議会は目指しています。

 

<共催>
・オリンピック・パラリンピック等経済界協議会
・一般社団法人Get in touch
・一般社団法人日本橋室町エリアマネジメント
 

<協力>
・株式会社みずほフィナンシャルグループ
・東京建物株式会社
 
<参加企業>
キッコーマン、大日本印刷、電通、凸版印刷、トヨタ自動車、
日本郵政、日本郵便、パナソニック、ブリヂストン、
みずほフィナンシャルグループ、三井不動産、LIXIL

協議会からの
参加者
展覧会会場周辺での告知協力 26名
参考URL https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000024207.html