• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

かわさきスポーツパートナー・ボールゲームフェスタでのバリアフリー体験会

かわさきスポーツパートナー・ボールゲームフェスタでのバリアフリー体験会
かわさきスポーツパートナー・ボールゲームフェスタでのバリアフリー体験会

【WG②③】

日時 2016年7月30日(土)12:30~16:00
場所 とどろきアリーナ(川崎市)
主催  
来場者数 約200名
実施概要

誰もがストレスなく快適に過ごせる環境をつくり、多様な人々が活躍できる社会の実現を目指すプログラム。

 

<車いす体験、介助体験を通した心のバリアフリー教育>
スロープや段差、自動販売機等、車いすに乗る側、介助する側のポイントを伝えながら、車いす体験、介助体験を実施。子どもたちからは、「楽しかった」「自動販売機の高いところが難しかった」「トイレが難しかった」等、様々なコメントがあがりました。また、車いすバスケットボール選手と健常者選手が混じってのエキシビションゲームと、車いすバスケットボール体験も実施しました。

 

多くの人が障がい者や高齢者、文化の異なる外国人の状況や苦労を理解し、自ら率先してサポートしている。−そのような社会を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>
アサヒビール、JTB、トヨタ自動車、NEC、NTT、パナソニック、
富士通、ヤマトHD

協議会からの
参加者
15名
参考URL http://www.city.kawasaki.jp/250/page/0000071352.html