• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

高知県須崎市 異文化教室(チェコ共和国)への講師派遣

高知県須崎市 異文化教室(チェコ共和国)への講師派遣
高知県須崎市 異文化教室(チェコ共和国)への講師派遣

【WG③】

日時 2017年11月14日(火) 18:30~20:00
場所 須崎市立市民文化会館 大会議室
主催 須崎市おもてなし委員会、高知県、須崎市
来場者数 80名
実施概要

誰もがストレスなく快適に過ごせる環境をつくり、多様な人々が活躍できる社会の実現を目指すプログラム。
 
高知県須崎市が2020東京大会のホストタウンとして、良好な自然条件に恵まれた須崎市浦ノ内湾のコースを活用し、チェコ共和国のカヌーチームの事前合宿誘致を進めていることを受け、市民のおもてなし精神を活性化するために、市民に声をかけ、チェコ共和国についての知識を深める異文化教室を開催しました。
 
当日のプログラムは、経済化協議会から「協議会の活動概要」を説明した後に、トヨタ自動車の日本人講師(チェコ共和国駐在経験者)から「駐在経験者から見たチェコ共和国」、トヨタ自動車のチェコ人講師から「チェコ人からみた日本とチェコの文化の違い」を紹介しました。

 
当日は、須崎市長をはじめ、県職員、市職員、市民等、計約80名が参加し、チェコ共和国の文化、習慣、食事などを理解していただきました。

 

多くの人が障がい者や高齢者、文化の異なる外国人の状況や苦労を理解し、自ら率先してサポートしている。−そのような社会を、経済界協議会は目指しています。
 
<参加企業>

トヨタ自動車、富士通

協議会からの
参加者
4名
参考URL https://www.city.susaki.lg.jp/dl/?k=3