• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

高知県宿毛市 異文化教室(オランダ)への講師派遣

高知県宿毛市 異文化教室(オランダ)への講師派遣
高知県宿毛市 異文化教室(オランダ)への講師派遣

【WG③】

日時 2018年1月26日(金) 18:30~20:00
場所 宿毛市文教センター 第一会議室(高知県宿毛市)
主催 高知県、宿毛市
来場者数 70名
実施概要

誰もがストレスなく快適に過ごせる環境をつくり、多様な人々が活躍できる社会の実現を目指すプログラム。

 

高知県宿毛市が2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会のオランダ自転車チームのホストタウンとして決定したことを受け、宿毛市民に選手や関係者へのおもてなしマインドを醸成するために、高知県・宿毛市の主催で「オランダを学ぼう!」と題した異文化交流のセミナーを開催しました。
 
まずは中平宿毛市長及び高知県文化スポーツ部の小澤課長補佐から、主催者挨拶と本セミナーの趣旨を説明。その後第一部として、オランダ農業視察の経験のある高知はたJAの宮部さんから「日本から見たオランダ」、第二部は日本語スピーチコンテストで受賞されたオランダ人のビショップさんから「オランダから見た日本」というタイトルでご講演をいただきました。第三部では、経済界協議会の活動概要の説明と、JTBによる「オランダへ行こう!」の講演を行いました。
 
当日は、宿毛市長をはじめ、県職員、市職員、市民等の計約70名が参加。オランダの農業や文化、習慣などを理解していただきました。

 
多くの人が障がい者や高齢者、文化の異なる外国人の状況や苦労を理解し、自ら率先してサポートしている。−そのような社会を、経済界協議会は目指しています。
 

<参加企業>
JTB、富士通

協議会からの
参加者
2名
参考URL https://sukumo-darumayuhi.jp/event/detail/?id=85