• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

静岡県 バリアフリーマップ作成ワーク

静岡県 バリアフリーマップ作成ワーク
静岡県 バリアフリーマップ作成ワーク

【WG③】

日時 2018年11月14日(水) 13:00~17:00
場所 エコパスタジアム(静岡県小笠山総合運動公園スタジアム)周辺(静岡県袋井市)
主催 静岡県、オリンピック・パラリンピック等経済界協議会
来場者数 40名
実施概要

障がいの有無や年齢などに関係なく、誰もがバリアを感じない社会の実現を目指すプログラム。

 

今回は、40名の参加者が静岡県のエコパスタジアム(静岡県小笠山総合運動公園スタジアム)と最寄りの愛野駅の周辺のバリアフリー情報を収集しました。

 

青いかば旅行社、長谷川様の当事者講話を聞き、実際のバリアフリー調査を行った参加者の皆さんからは、「道には様々なバリアがあることがわかった」、「車いすに乗ってみると思ったよりも目線が低い」、「心のバリアフリーが大切ということがわかった」といった感想や気づきの声があがりました。

 

収集したデータは、バリアフリーマップやオープンデータとして活用してまいります。

 

心のバリアフリー教育の実践として、街中での危険や制約を把握・情報発信する活動を推進し、誰もが不自由することなく生活を送ることができる。-そのような社会を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>

朝日新聞、静岡新聞、ゼンリン、テレビ静岡、NTT、富士通、LIXIL

協議会からの
参加者
20名
参考URL