• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

阿波市立一条小学校での「心のバリアフリー・パラスポーツ体験教室」

阿波市立一条小学校での「心のバリアフリー・パラスポーツ体験教室」
阿波市立一条小学校での「心のバリアフリー・パラスポーツ体験教室」

【WG③】

日時 2018年2月13日(火) 10:00~15:00
場所 一条小学校(徳島県阿波市)
主催 徳島地方法務局、徳島県人権擁護委員連合会、阿波市社会福祉協議会、

徳島ウィルチェアバスケットボールクラブ、経済界協議会
来場者数 5~6年生 合計70名
実施概要

誰もがストレスなく快適に過ごせる環境をつくり、多様な人々が活躍できる社会の実現を目指すプログラム。

 

徳島県阿波市立一条小学校の5~6年生を対象に、「心のバリアフリー」と「車いすバスケットボール」競技体験を行いました。

 

約70名の児童に向けて、人権擁護委員連合会の講師から「心のバリアフリー」を絡めた人権擁護についての講話を、社会福祉協議会の講師からは、車いすのサポートについてのレクチャーをしていただきました。
 
また、徳島ウェルチェアバスケットボールクラブの方々には、競技の指導と体験講習を行っていただきました。

 

参加した小学生からは、「興味を持って取り組めた」「今回の経験で感じた、困っている人の手助けなど、自分が出来ることを行っていきたい」という声が聞かれました。 

 

当日は、NHK、阿波市ケーブルテレビ、徳島新聞、読売新聞の取材もありました。

 

多くの人が障がい者や高齢者、文化の異なる外国人の状況や苦労を理解し、自ら率先してサポートしている。−そのような社会を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>
アサヒビール、富士通

協議会からの
参加者
2名
参考URL