• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

車いすバスケットボール試合観戦・運営サポート

車いすバスケットボール試合観戦・運営サポート
車いすバスケットボール試合観戦・運営サポート

【WG③】

日時 2017年5月3日(祝・水)~5日(祝・金)、8月31日(木)~9月2日(土)
場所 東京体育館(東京都渋谷区)
主催 日本車いすバスケットボール連盟
来場者数 5月大会11,465名、8月大会7,679名
実施概要

誰もがストレスなく快適に過ごせる環境をつくり、多様な人々が活躍できる社会の実現を目指すプログラム。

 

社員のパラリンピック競技の認知拡大及びパラリンピックムーブメント推進の一環として、試合観戦・運営サポートを募集。5月大会は241名が観戦、28名がボランティアに参加し、8月大会は77名が観戦しました。

 

参加者からはスピーディーな試合展開でとても面白く、興奮したという意見が多く挙がりました。

 

その他様々なパラリンピック競技の観戦・体験を社員に働きかけ、認知拡大を図るとともに、社員のボランティア精神を養っています。

 

多くの人が障がい者や高齢者、文化の異なる外国人の状況や苦労を理解し、自ら率先してサポートしている。−そのような社会を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>
JXTGエネルギー

協議会からの
参加者
参考URL https://www.parasapo.tokyo/news/161/