• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

名古屋市及び同市社会福祉協議会・商工会議所のための心のバリアフリー研修試行

名古屋市及び同市社会福祉協議会・商工会議所のための心のバリアフリー研修試行
名古屋市及び同市社会福祉協議会・商工会議所のための心のバリアフリー研修試行

【WG③】

日時 8月25日(金)10:00〜12:00
場所 名古屋市総合社会福祉会館7F研修室(名古屋市)
主催 名古屋市役所、名古屋市社会福祉協議会、名古屋市商工会議所、経済界協議会
来場者数 16名
実施概要

誰もがストレスなく快適に過ごせる環境をつくり、多様な人々が活躍できる社会の実現を目指すプログラム。

 

名古屋市内で中小企業を含め、幅広い企業の方々に「心のバリアフリー」を広めていくため、まずは、名古屋市役所及び同市社会福祉協議会・商工会議所の関係者の方々に、経済界協議会メンバーが「心のバリアフリー研修」を試行しました。
 
経済界協議会から障がいのあるメンバーが講義を実施。また、地元の障がい者団体(AJU自立の家)にもご協力をいただき、障がい当事者がグループディスカッションに交じり、参加者と活発に議論を行いました。
 
研修試行後、参加者からは「実際に障がい当事者の方のお話しを伺い、直にコミュニケーションをすることで大きく視点が変わった。記憶に残る研修だった」等のコメントをいただきました。また、参加者との間で、こうした研修を市内の様々な企業に広げていくためにはどうしたらよいのか、についても議論。今後、関係者との間で相談を進めていく予定です。

 

多くの人が障がい者や高齢者、文化の異なる外国人の状況や苦労を理解し、自ら率先してサポートしている。−そのような社会を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>
トヨタ自動車、トヨタループス

協議会からの
参加者
3名
参考URL