• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

米原市 ニュージーランドホストタウン向け異文化教室の開催

米原市 ニュージーランドホストタウン向け異文化教室の開催
米原市 ニュージーランドホストタウン向け異文化教室の開催

【WG③】

日時 2016年12月22日(木)18:30~20:00(90分)
場所 滋賀県立文化産業会館 第一会議室(米原市)
主催 米原市、東京オリンピック・パラリンピック滋賀交流推進実行委員会
来場者数 99名
実施概要

誰もがストレスなく快適に過ごせる環境をつくり、多様な人々が活躍できる社会の実現を目指すプログラム。

 

<概要>
滋賀県米原市様が、ホストタウンであるニュージーランド(以下NZ)への理解促進のため、米原市職員を中心に、教育委員会や関係団体にも声をかけ、異文化教室を開催。オリンピック・パラリンピック等経済界協議会では、企業従業員(NZビジネス経験者や滞在経験者、及びNZ国籍者)が講師となり、 NZ基礎知識や、コミュニケーションのコツ、またNZからみた日本や、おもてなしのコツなどを紹介しました。開催にあたり庁舎訪問の際、平尾道雄市長・西田弘副市長よりお礼を受けました。また、米原市様の熱心な準備により、メディア取材も入り(読売新聞・ZTV)、質問事項も途切れず、活気ある異文化教室となりました。

 

多くの人が障がい者や高齢者、文化の異なる外国人の状況や苦労を理解し、自ら率先してサポートしている。−そのような社会を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>
ANA、パナソニック、富士通

協議会からの
参加者
9名
参考URL http://www.city.maibara.lg.jp/