• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

福岡空港における手話講座の開催

福岡空港における手話講座の開催
福岡空港における手話講座の開催

【WG③】

日時 2017年6月15日(木)
場所 福岡空港(福岡県福岡市)
主催 ANA
来場者数 約20名
実施概要

誰もがストレスなく快適に過ごせる環境をつくり、多様な人々が活躍できる社会の実現を目指すプログラム。

 

お客様を手話でお迎えし、安心してご搭乗いただけることを目指して、福岡空港で手話講座を開催。外部から講師をお招きし、当日は福岡空港で働く約20名の旅客係員が参加しました。
 
講師の先生はご自身がろう者でいらっしゃったため、講座は「文字」と「手話」で進行。「予約はお済みですか?」、「座席のご希望はございますか?」といった、空港の手続きカウンターや搭乗口等でのお客様とのコミュニケーションで、よく使用するフレーズを中心に実践しました。

 

参加者からは、「手話講座を受講したことで、障がいのあるお客様の理解にも繋がり、とても学びが多かった」、「手話のみならずユニバーサルデザインに対する考え方や意識が高まった」という意見があがりました。
 
講師の先生からは最後に、「ろう者は目で情報を得る。手話は上手い、下手は関係なく、伝えることが何よりも大事」と語られました。
今後もANAグループでは、ユニバーサルなサービスを推進するべく、社員教育に努めて参ります。

 

多くの人が障がい者や高齢者、文化の異なる外国人の状況や苦労を理解し、自ら率先してサポートしている。−そのような社会を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>
ANA

協議会からの
参加者
約20名
参考URL https://www.ana.co.jp/ana_news/2017/06/15/20170615-1.html