• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

福岡県庁でユニバーサルデザインを探そう!

福岡県庁でユニバーサルデザインを探そう!
福岡県庁でユニバーサルデザインを探そう!

【WG③】

日時 2018年8月8日(水) 1回目:9:30~11:30、2回目:13:30~15:30
場所 福岡県庁(福岡県福岡市)
主催 福岡県
来場者数 14名
実施概要

障がいの有無や年齢などに関係なく、誰もがバリアを感じない社会の実現を目指すプログラム。

 

福岡県庁では8月1日~24日までの間、夏休みの小学生を対象に「福岡県庁

まるごと体験隊2018」を開催しています。本プログラムは、子どもたちが夏休みに広く社会を知る体験型の企画で、36種類のプログラムを提供しています。経済界協議会では福岡県庁と連携して、8月8日に『ユニバーサルデザインを探そう!』プログラムを実施しました。

 

車いす体験を計14名の子どもたちに実施。親子で交代しながら体験し、県庁内外におけるスロープや点字ブロック等のユニバーサルデザインを身近に感じて理解することで、多くの方々に「心のバリアフリー」を普及。車いす体験後は撮った写真を利用してオリジナルのユニバーサル新聞を作成しました。

 

多くの人が障がい者や高齢者、文化の異なる外国人の状況や苦労を理解し

自ら率先してサポートしている。-そのような社会を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>

富士通

協議会からの
参加者
3名
参考URL http://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/taikentai2018.html