• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

福岡市 バリアフリーマップ作成ワーク

【WG③】

日時 2018年10月9日(火)
場所

博多駅周辺、天神(福岡県福岡市)

福岡空港~福岡レベルファイブスタジアム周辺(福岡県福岡市)

主催

福岡市役所、福岡市社会福祉協議会

オリンピック・パラリンピック等経済界協議会

来場者数 45名
実施概要

障がいの有無や年齢などに関係なく、誰もがバリアを感じない社会の実現を目指すプログラム。

 

ラグビーワールドカップ大会開催自治体である福岡市において、福岡市役所、福岡市社会福祉協議会、経済界協議会の共催で、福岡レベルファイブスタジアム周辺の観客の主要導線及び、博多駅、天神周辺の回遊エリアのバリア情報収集を行います。

経済界協議会はマップ作成ツールの提供等、実施環境整備の支援を行い、福岡市役所や社会福祉協議会や地元企業・団体と一緒に収集ワークを実施します。

 

心のバリアフリー教育の実践として、障がい当事者の方の話を聞き、街中での危険や制約を把握・情報発信する活動を推進することで、誰もが不自由することなく生活を送ることができる社会を目指しています。

 

<参加企業(予定)>

ANA、トヨタ自動車、NTT、富士通、LIXIL 他

協議会からの
参加者
参考URL http://www.top-league.jp/map/detail/29/