• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

社員向け講話イベント「誰もが素敵に輝く社会をめざして ~障がい者スポーツの経験から~」

社員向け講話イベント「誰もが素敵に輝く社会をめざして ~障がい者スポーツの経験から~」
社員向け講話イベント「誰もが素敵に輝く社会をめざして ~障がい者スポーツの経験から~」

【WG③】

日時 2018年7月19日(木)
場所 アーバンネット大手町ビル(東京都千代田区)
主催 野村ホールディングス
来場者数
実施概要

誰もがストレスなく快適に過ごせる環境をつくり、多様な人々が活躍できる社会の実現を目指すプログラム。

 

社内でダイバーシティ&インクルージョン活動を推進する有志社員とオリパラ室がコラボし、シドニー2000大会男子車いすバスケットボール日本代表キャプテンを務めた根木慎志さんを招き、イベントを開催しました。

 

前半は根木さんより、過去のパラリンピック競技大会のビデオを用いて、さまざまなパラスポーツの魅力の紹介や、自身の受傷から車いすバスケットとの出会い、キャプテンになるまでの気持ちの持ち方などについて、お話がありました。

 

後半は、社員が加わってパネルディスカッションを行い、車いすバスケットボールの魅力や、東京2020大会に向けて、東京をバリアフリーな都市にしていくため、私たちにできることなどについて、熱く議論しました。

 

参加者からは、「自分が健康でいられることに感謝することはもちろん『友だちが困っているときに何ができるか?』という発想を自然と持つことの大切さを改めて学ぶことができた」や「障がいがあるないにかかわらず、根木さんから実行するやる気や勇気をオーディエンスの皆がもらえて良かった」等の感想がありました。

 

パラリンピックを通じて誰もが暮らしやすい東京を実現する-そんな東京の実現に向けて、当社は行動を続けて参ります。

 

<参加企業>

野村ホールディングス

協議会からの
参加者
参考URL