• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

社員による地域交通安全啓蒙活動

社員による地域交通安全啓蒙活動
社員による地域交通安全啓蒙活動

【WG③】

日時 通年
場所 全国 デンソー本社(愛知県刈谷市)及び各製作所、           デンソーグループ会社周辺地域
主催 デンソー、デンソー九州、デンソー福島、デンソー岩手、       デンソー北海道、デンソーウェーブ、デンソートリム、        浜名湖電装、アンデン、京三電機 他
来場者数 約5,200名(2014年9月~2018年10月)
実施概要

誰もがストレスなく快適に過ごせる環境をつくり、多様な人々が活躍できる社会の実現を目指すプログラム。

 

2014年度より「交通安全マナー向上プログラムの開発と展開」をテーマに、日本をはじめとした世界各地での交通安全マナー・モラルの向上を

図り、安全技術の提供と併せて、交通事故撲滅に貢献するためのプロジェクトを発足しました。

 

国内ではデンソー本社の所在地である刈谷市の「老人クラブ研修会」へ出向き、交通安全啓発講話及び靴のかかとに貼る反射シールの配布を高齢者に実施しました。さらに、2017年からは研修会に参加できない高齢者を対象とし、地域の公民館等に出向いて活動を実施ししています。

 

2016年からはデンソー各製作所、デンソーグループ会社へもこの活動を

順次展開中です。

 

多くの人が障がい者や高齢者、文化の異なる外国人の状況や苦労を理解し、自ら率先してサポートしている。-そのような社会を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>

デンソー

協議会からの
参加者
参考URL