• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

東大阪市でのバリアフリーマップ作成支援

東大阪市でのバリアフリーマップ作成支援
東大阪市でのバリアフリーマップ作成支援

【WG③】

日時 2018年11月25日(日) 10:00~13:00
場所 東大阪市花園ラグビー場(大阪府東大阪市)
主催 東大阪市、日本車いすスポーツ振興協会
来場者数 38名(※参加者数)
実施概要

障がいの有無や年齢などに関係なく、誰もがバリアを感じない社会の実現を目指すプログラム。

 

「ひがしおおさか体感まち博2018」のプレの体験プログラムの一つとして実施し、東大阪市の文化を感じながら、観光中の気づきをバリアフリーマップの作成に活かします。

当日は、心のバリアフリーに関する講話として、「東大阪市スポーツみらいアンバサダー」のパラアーチェリーの上山友裕選手のお話を伺ってから

 

 ・近鉄東花園駅~花園ラグビー場

 ・近鉄けいはんな線吉田駅~花園ラグビー場

 ・花園ラグビー場周辺~花園中央公園

 

のエリアをグループに分かれて調査を行いました。

収集したデータは、バリアフリーマップやオープンデータとして活用してまいります。

 

心のバリアフリー教育の実践として、街中での危険や制約を把握・情報発信する活動を推進し、誰もが不自由することなく生活を送ることができる。-そのような社会を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>

セコム、ゼンリン、パスコ、パナソニック

協議会からの
参加者
10名
参考URL https://mykoho.jp/article/大阪府東大阪市/東大阪市政だより-平成30年2018年11月15日号/バリアフリーマップ協力隊ウィルチェアーツーリ