• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

東京2020オリンピック・パラリンピックに向けた1000日前記念企画 パラリンアートアーティストによるコンペ

東京2020オリンピック・パラリンピックに向けた1000日前記念企画 パラリンアートアーティストによるコンペ
東京2020オリンピック・パラリンピックに向けた1000日前記念企画 パラリンアートアーティストによるコンペ

【WG③】

日時 2017年10月27日(金)~2018年3月31日(土)まで掲示(予定)
場所 JTB本社ビル1階壁面、2階社員通用口壁面(東京都品川区)
主催 JTB
来場者数
実施概要

誰もがストレスなく快適に過ごせる環境をつくり、多様な人々が活躍できる社会の実現を目指すプログラム。

 

東京2020オリンピック・パラリンピックに向けた1000日前記念企画として、JTBグループ内における機運醸成を目的に、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が展開していた1000日前キャンペーンと連動したイベントを実施しました。

 

障がい者自立支援機構の協力のもと、パラリンアートアーティスト(障がいを抱えたアーティスト)からJTB東京2020大会スローガンである「Bridging the New~つながれば、はじまる。~」をテーマに、障がいの有無に関係なく、スポーツに関わるすべての人々が繋がって新しい未来をつくりだそう、というメッセージを込めた作品を募集しました。最終的には119作品の募集があり、その中から最優秀作品1点をJTB本社ビル1階の壁面に、優秀作品3点をJTB本社ビル2階社員出入り口壁面に掲示しています。

 

JTBは、東京2020大会を契機とした共生社会の実現に向けて、ソフトとハードの両方から様々な取り組みを行っていきます。

 

多くの人が障がい者や高齢者、文化の異なる外国人の状況や苦労を理解し、自ら率先してサポートしている。−そのような社会を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>
JTB

協議会からの
参加者
参考URL https://participation.tokyo2020.jp/jp/event/detail.html?id=a092800000bg1snAAA