• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

東京都 アスリート・キャリアサポート シンポジウムへの登壇参加

東京都 アスリート・キャリアサポート シンポジウムへの登壇参加
東京都 アスリート・キャリアサポート シンポジウムへの登壇参加

【WG②③】

日時 2018年11月16日 (金) 10:30~
場所 東京ビッグサイト(東京都江東区)
主催 東京都
来場者数 約2,300名
実施概要

誰もがストレスなく快適に過ごせる環境をつくり、多様な人々が活躍できる社会の実現を目指すプログラム。

 

東京都は、オリンピック・パラリンピックを目指すトップアスリートが競技を安心して続けられるよう、現役アスリートの就職を支援する「アスリート・キャリアサポート事業」を実施しています。

 

このたび、「国内最大級のトレードショー産業交流展2018」において、アスリートを雇用することのメリットや社会的意義などをテーマに、企業向けのシンポジウムが開催され、あいおいニッセイ同和損害保険所属アスリート 青木智美選手と経営企画部スポーツチーム倉田次長がシンポジウムに登壇しました。

 

<シンポジウム登壇者>

ゲスト

鈴木明子 氏(プロフィギュアスーター/オリンピアン)

パネラー

倉田秀道 氏(あいおいニッセイ同和損害保険経営企画部スポーツチーム)

青木智美 氏(あいおいニッセイ同和損害保険経営企画部/競泳/オリンピアン)

小竹尚美 氏(アルケア株式会社)

古畑篤郎 氏(アルケア株式会社/パラ陸上/パラリンピアン)

 

アスリート雇用の契機、入社後の取組みなどをディスカッションし、途中では、アスリートを採用する際に検討したことについて、具体的な検討事項を示したことは多くの企業の参考になったのではと思われます。

 

企業がそれぞれのできる範囲でスポーツ支援をし、その輪が広がることが期待されます。

 

多くの人が障がい者や高齢者、文化の異なる外国人の状況や苦労を理解し、自ら率先してサポートしている。-そのような社会を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>

あいおいニッセイ同和損保

協議会からの
参加者
7名
参考URL http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2018/10/10/19.html