• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

東京法務局 人権教室での心のバリアフリー体験会、アスリート講演会

東京法務局 人権教室での心のバリアフリー体験会、アスリート講演会
東京法務局 人権教室での心のバリアフリー体験会、アスリート講演会

【WG②③】

日時 2018年9月25日(火) 13:30~15:30
場所 東京都足立区内中学校(東京都足立区)
主催 東京法務局
来場者数 120名
実施概要

誰もがストレスなく快適に過ごせる環境をつくり、多様な人々が活躍できる社会の実現を目指すプログラムと同時に、すべての人がスポーツに親しむ機会をつくり、健康で豊かな生活を送ることができる社会の実現を目指すプログラム。

 

東京法務局主催の人権教室で、足立区内中学校の全校生徒様に心のバリアフリー体験会と、全日本テコンドー協会の小池常務理事・高木理事の講演会・パラテコンドー体験を実施しました。

 

心のバリアフリー講義では、「コミュニケーションの取り方」をテーマにグループワークを中心に理解を深めました。

参加者からは「多様な障がいがある中で、相手の立場に立って何をすべきかわかった」等のコメントをいただきました。

 

またパラテコンドー体験では多くの子供たちがはじめての体験でしたが、全員が元気あふれる掛け声をだし、「蹴り」を習得することができました。

 

多くの人が障がい者や高齢者、文化の異なる外国人の状況や苦労を理解し、自ら率先してサポートしている。-そのような社会を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>

JTB、トヨタ自動車、JR東日本、富士通

協議会からの
参加者
10名
参考URL