• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

札幌市 バリアフリーマップ作成ワーク

札幌市 バリアフリーマップ作成ワーク
札幌市 バリアフリーマップ作成ワーク

【WG③】

日時 2018年11月1日(木) 13:00~17:00
場所 札幌駅周辺、札幌ドーム周辺(北海道札幌市)
主催 札幌市、オリンピック・パラリンピック等経済界協議会
来場者数 37名
実施概要

障がいの有無や年齢などに関係なく、誰もがバリアを感じない社会の実現を目指すプログラム。

 

今回は、札幌駅周辺と札幌ドーム周辺のバリアフリー情報の収集活動を実施しました。

 

NTTクラルティ所属の北海道マラソン2018ブラインドマラソンで第2位に入った青木洋子さんの当事者講話を聞き、実際のバリアフリー調査を行った参加者からは

「初めて視覚障がい者のサポートを行い、非常に良い機会となった」

「車いすを利用して地下鉄に乗る体験を通じて、改札やエレベータの位置をこれほど意識する必要があることに気付いた」

「困っている方がいたら、声をかけたい」

との感想をいただき、バリアフリー調査を通じて、初めて得た気づきを共有いただきました。

 

今後、日本各地でのマップ作成につなげるとともに、心のバリアフリーを全国に広めていきます。

 

誰もが街中で不自由することのない社会を目指しましょう。多くの皆様のご参加・ご支援をよろしくお願いします!

 

<参加企業>

岩田地崎建設、ゼンリン、NTT、ネッツトヨタ、富士通、北海道新聞社、北海道文化放送、テレビ北海道

協議会からの
参加者
37名
参考URL