• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

新横浜公園 バリアフリーマップ作成ワーク作成支援

新横浜公園 バリアフリーマップ作成ワーク作成支援
新横浜公園 バリアフリーマップ作成ワーク作成支援

【WG③】

日時 2019年3月1日(金) 9:30~13:30
場所 新横浜公園、横浜国際総合競技場周辺(神奈川県横浜市)
主催 横浜市、オリンピック・パラリンピック等経済界協議会
来場者数 50名
実施概要

障がいの有無や年齢などに関係なく、誰もがバリアを感じない社会の実現を目指すプログラム。

 

今回は、 2019年ラグビーW杯の試合が行われる新横浜公園周辺のバリアフリー情報の収集活動の支援に50名の参加者が集まりました。

当事者からの講話を聞き、参加者からは「当事者の困りごとがよくわかった」、「ユニバーサルデザイン社会のために、機会があればまた参加したい」といった感想がありました。

その後、横浜国際総合競技場の周辺の通路の段差や傾斜、幅などの計測と、多目的トイレ等の調査を実施しました。

 

収集したデータは、バリアフリーマップやオープンデータとして活用してまいります。

 

心のバリアフリー教育の実践として、街中での危険や制約を把握・情報発信する活動を推進し、誰もが不自由することなく生活を送ることができる。-そのような社会を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>

綜合警備保障、大日本印刷、NTT、富士通

協議会からの
参加者
11名
参考URL