• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

新入社員研修にブラインドサッカー体験型プログラムを導入

新入社員研修にブラインドサッカー体験型プログラムを導入
新入社員研修にブラインドサッカー体験型プログラムを導入

【WG③】

日時 2017年4月5日(水) 9:00~17:30
場所 JXTGエネルギー 根岸製油所 大ホール(神奈川県横浜市)
主催 日本ブラインドサッカー協会
来場者数 130名
実施概要

誰もがストレスなく快適に過ごせる環境をつくり、多様な人々が活躍できる社会の実現を目指すプログラム。

 

2016年度から新入社員研修カリキュラムの一部として「ブラインドサッカー」を導入し、ダイバーシティという考え方を、体験を通じて学んでもらっています。

ブラインドサッカー体験、各種ワーク、現役選手による講義を通じて、新入社員はチームビルディングを行うとともに、「障がい者-健常者にとどまらない様々な違い=多様性」が存在する中で、“協調すること”、“組織として、違い・多様性を活かして力にすること”を学びました。

 

多くの人が障がい者や高齢者、文化の異なる外国人の状況や苦労を理解し、自ら率先してサポートしている。−そのような社会を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>
JXTGエネルギー

協議会からの
参加者
参考URL http://www.b-soccer.jp/