• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

平成30年度 法務省子ども霞が関見学デーでのバリアフリー体験会・ボッチャ体験会

平成30年度 法務省子ども霞が関見学デーでのバリアフリー体験会・ボッチャ体験会
平成30年度 法務省子ども霞が関見学デーでのバリアフリー体験会・ボッチャ体験会

【WG②③】

日時 2018年8月1日(水)・2日(木) 10:00~16:00
場所 法務省(東京都千代田区)
主催 法務省
来場者数 1,800名
実施概要

誰もがストレスなく快適に過ごせる環境をつくり、多様な人々が活躍できる社会の実現を目指すプログラム。 

 

本イベントは法務省をはじめとした各省庁が連携して子どもたちが夏休みに広く社会を知る体験活動の機会を提供しています。経済界協議会では、

2016年度から法務省と連携してプログラムを出展しています。

 

文京区社会福祉協議会様、文京ささえ隊様と連携し、2日間で計360名の

子どもたちに車いす体験会を実施。親子で交代しながら体験し、お互いに感想を話し合う姿も見られ、多くの方々に「心のバリアフリー」への理解を深めていただくことができました。

 

また8月2日はボッチャ体験会を実施しました。子ども霞が関見学デーでは初となるボッチャ体験。体験した一人ひとりが競技に対する理解が深まると共に、笑顔と歓声が一日中途切れることのないパラスポーツ体験会となりました。

 

多くの人が障がい者や高齢者の状況や苦労を理解し、自ら率先してサポートしている。また、障がいがある人もない人も、一緒に気軽にスポーツを楽しむことが日常化している。-そのような未来を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>

ANA、東京ガス、トヨタ自動車、JAL、NEC、富士通

協議会からの
参加者
22名
参考URL