• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

名古屋駅前バリアフリーマップ作成

名古屋駅前バリアフリーマップ作成
名古屋駅前バリアフリーマップ作成

【WG③】

日時 2017年11月21日(火)・24(金) 13:00~15:00
場所 名古屋駅前(愛知県名古屋市)
主催 経済界協議会、名古屋市商工会議所、名古屋市社会福祉協議会
来場者数 21日 46名(25社・団体)、24日 34名(15社・団体)
実施概要

障がいの有無や年齢などに関係なく、誰もがバリアを感じない社会の実現を目指すプログラム。
 
オリンピック・パラリンピック開催都市だけでなく、全国の主要都市やラグビーW杯開催都市等でバリアフリーマップ作成を推進していくため、トライアル的な位置づけとして、名古屋(大都市)-豊田(ラグビーW杯開催都市)を繋ぐエリアでバリアフリー調査を連続に実施しました。
 
今回はその初回として、名古屋駅前エリアで調査を実施しました。両日に渡って、経済界協議会メンバー企業や名古屋商工会議所、名古屋市役所、社会福祉協議会から合計約80名(障がい当事者5名を含む)の参加をいただき、車いす体験を行いながら駅前エリアで調査を行いました。
 
参加者からは「いつも通っているが、障がいのある方の視点から見て大きな気づきがあった」「案内サインに統一感がなく、初めて名古屋駅に来た人はかなり困惑するだろう。通路面にサインを配置するなどの改善が必要」 「特にメインコンコースは人が多いので、車いすでは非常に怖い思いをした。 何らかの対応が必要」「ハード対応が難しい場所には、地元の人々の心のバリアフリーが重要と感じた」等の意見が聞かれました。
 
今後は、同プロジェクトで名古屋―豊田間の各エリアを調査し、最終的には一連のバリアフリーマップとしてまとめます。そして、これを必要とされている方に提供し活用していただくことに加え、一般の方にも広く展開し、サポートの輪を拡大していきます。
 
さらには、この取組成果をもって日本各地でのマップ作成につなげるとともに、心のバリアフリーを全国に広めていきます。
 
心のバリアフリー教育の実践として、街中での危険や制約を把握・情報発信する活動を推進し、誰もが不自由することなく生活を送ることができる。−そのような社会を、経済界協議会は目指しています。
 

<参加企業>
愛知製鋼、近畿日本ツーリスト、ジェイテクト、ANA、デンソー、電通、東京海上日動、東和不動産、トヨタ自動車、トヨタ車体、豊田自動織機、豊田通商、トヨタ紡織、トヨタホーム、トヨタループス、
NTT西日本、パナソニックシステムソリューションジャパン、富士通、
みずほ銀行、三井住友海上、三井住友銀行、LIXIL 他

協議会からの
参加者
80名
参考URL