• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

全日本鍼灸学術大会東京大会でのガイドヘルプボランティア

全日本鍼灸学術大会東京大会でのガイドヘルプボランティア
全日本鍼灸学術大会東京大会でのガイドヘルプボランティア

【WG③】

日時 2017年6月10日(土)・11日(日) 11:00〜17:00
場所 東京大学 本郷キャンパス(文京区)
主催 第66回(公社)全日本鍼灸学会学術大会
来場者数 30名
実施概要

誰もがストレスなく快適に過ごせる環境をつくり、多様な人々が活躍できる社会の実現を目指すプログラム。

 

全日本鍼灸学術大会東京大会への参加者のうち、視覚障がいによりガイドヘルプ(会場誘導案内)を必要とする方へのサポートボランティアを実施。参加者とサポート員がペアとなり、大会敷地内における講演や展示会場間の移動をサポートしました。文京区社会福祉協議会からの募集により、文京区のボランティア団体や、近隣大学の学生等とともに参加しました。

 

多くの人が障がい者や高齢者、文化の異なる外国人の状況や苦労を理解し、自ら率先してサポートしている。−そのような社会を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>
トヨタ自動車、富士通

協議会からの
参加者
7名
参考URL http://taikai.jsam.jp/